Loading

これから教える先生の【情報デザイン】お役立ちサイト 2022年度 高校「情報Ⅰ」必履修化(コミュニケーションと情報デザイン)対応に向けて、授業案やセミナー情報などラーニングリソースをお届けします

「情報デザイン」はコミュニケーションの要

高校「情報Ⅰ」の必履修化に伴い、新たに加わる「コミュニケーションと情報デザイン」では、目的や状況に応じて受け手にわかりやすく情報を伝える活動を通じて、効果的なコミュニケーションを行うための情報デザインの考え方や方法を身につけることが期待されます。

Society5.0時代に活躍できる人材に必須の「考えやアイデアをわかりやすく伝える」スキルを育む重要な単元において、教える先生方のお役に立てる情報をお届けしていきます。

[NEW!]ワークショップのレポート記事をご紹介(2020.10.5)

CONTENTS

1. 初めての授業実践にオススメ:Adobe XD「防災アプリを作ろう」授業案 無料PDFダウンロード

+ セミナー アーカイブ動画

+ワークショップ レポート記事紹介

2. 始め方・操作でわからないことは:Adobe XDスターターキット&チュートリアル

3. ツール活用の理解度確認・復習に:「Adobe XD検定」「XD Trail」

初めての授業実践にオススメ

【無料PDFダウンロード】Adobe XDを使ったプロジェクト学習「防災アプリを作ろう」授業案

これまでの高校教員・生徒向けワークショップの実績をもとに開発した、各回50分×6回のモデルプランです。

・Adobe XD基本操作の習得からプロトタイプ作成、プレゼンテーションまで実施できる

・各校の環境や時間に合わせて柔軟に組み替え可能

・プロジェクト学習やプロトタイピングを用いた学びが初めてでもすぐに始められるように、つまずきやすい点もフォローした丁寧な内容構成

必要事項を入力・送信するとPDFファイルがダウンロードできます。

情報デザインのねらい、実践ポイントの確認に

XD授業案セミナー動画

6~7月に開催したXD授業案セミナーのアーカイブ動画をご覧になれます。

前編:情報デザインのねらい、XD授業案の実践ポイント

後編:「防災アプリ」プロトタイプ作例、XD画面操作デモ

XDの特長・始め方についても詳しくご案内しています

オンラインでのグループワークにもAdobe XD!

XD授業案ワークショップ レポート記事ご紹介

授業案の実践サポートとしてオンラインワークショップを開催。Adobe XD&Zoomを使って、リアルタイムで話し合いながら「共同プロトタイピング」をご体験いただきました。下記のWebメディア記事にて当日のレポートをお届けしています。

ICT教育ニュース:オンラインでもできる!Adobe XDで「防災アプリを作ろう」授業案ワークショップ

EdTechZine:2022年から情報科の授業はこう変わる―― Adobe XDによる「情報デザイン」ワークショップ体験レポート

(ご参加の先生より)“「Adobe XDがあれば対面授業でなくてもグループワークができる」という新たな発見があった”

授業案の実践ポイントを学んだ後、グループワークでのプロトタイピング&プレゼンテーションを行った
始め方・操作でわからないことは

Adobe XDスターターキット&チュートリアル

まずはここからスタート:Adobe XDスターターキットをダウンロード!

Adobe XDは初めての方でも簡単に使えるUI/UXデザインツールです。XDの主要機能の使い方をまとめて学べるスターターキット(初級編・中級編同梱)を使えば、XDを授業で使う大きなスタートを切れます。ぜひお試しください。

ハンズオン動画で基本操作を学ぶなら:XDことはじめ

Adobe XDの基本的な使い方を紹介しながら、デザインとプロトタイプを完成させるまでの手順を動画でわかりやすく解説。まずはワイヤーフレームの作成から始めていきます。

ツール活用の理解度確認・復習に

「Adobe XD検定」&「XD Trail」

Adobe XDに関する問題に数分間答えるだけで、得意分野や強化ポイントをカテゴリー別に自己分析できます。定期的に受けることでXDの理解度が確認できるとともに、必要なスキルを補完するチュートリアルとの連携でさらなるレベルアップを楽しく目指せます。

Adobe XDを短いチュートリアル動画でわかりやすく学べる XD Trailは、XD検定と連携しており復習にも大変便利です!

さらに、Adobe Creative Cloudのクリエイティブツールを使用して【情報デザイン】を深めたいかたにオススメ

Copyright © 2020 Adobe.All rights reserved.

Credits:

Created with an image by J. Kelly Brito - "From the Creatives Working collection. Full collection at kellybrito.com"