Loading

学問は机の上だけでするものではありません。もちろん物理学も─。

「夜学」は夜にする学び。物理学を中心とした様々な学問を、クラブ仕立てのスペースで体感するイベントです。東京学芸大学宇宙物理学研究室のメンバーが中心となって、パフォーマンスも行います。

学校での昼の学びを既存の枠組みとするなら、「夜学」はその枠を外す学びの場です。夜には不思議な高揚感があります。ときには怪しさや妖しさも。

宇宙の始まりや宇宙の果て、ブラックホール、そして時空や次元…。それらの面白さを体感する、新しい学び方を提案します。

物理学は、世界を丸ごと受けとめるための方法です。

この空間に、物理を浴びに来て下さい。

東京学芸大学宇宙物理学研究室(小林研)

Produced by PHYSIS Entertainment & 丸小技研工業 & United Code Limited

Powered by MISTLETOE OF TOKYO & Massasoit, inc.

date:

2020. 02. 28 (Fri.) 19:00-23:00

place:

Misletoe of Tokyo

東京都目黒区大橋2-22-42 No.R池尻大橋 B1

参加方法:招待制

一般申し込みは定員に達しましたので締め切らせていただきました。たくさんの方のお申し込み,まことにありがとうございました。当日のご来場を心よりお待ちしております。

※ドリンク・フードについて

ドリンクの持ち込みは可能です。会場には用意がありませんのでご持参下さい。

多数のご来場が見込まれるため,安全面を考慮し,食べ物の持ち込みはご遠慮いただくこととなりました。ご理解ご協力のほど,お願い申し上げます。

第1部 19:00〜21:00

  • クラブタイム
  • opening: 少し背伸びする物理「お湯が沸くまでの間に:物理の視点と時空の織物」
  • performance: mathematical physics & shapes "Fractals and Dimensions"(フラクタルと次元)
  • performance: 只管打坐・只管打算 "Calculation of Dimensional Reduction"(次元降下の計算)

第2部 21:00〜23:00

  • クラブタイム
  • performance: 実は深い実験 "Do Soap Bubbles Dream of Minimal Surfaces?"(シャボン玉は極小曲面の夢を見るか?)
  • workshop: さふぁり・ぱーく 「卒研連歌」
  • closing talk: 物理解題「それは本当に点か?」

企画・出演・演出 小林晋平(理論物理学者,東京学芸大学准教授)

1974年長野県長野市生まれ。

京都大学理学部卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専門は宇宙物理学・素粒子物理学。

東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター研究員,日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学,ペリメーター理論物理学研究所),国立群馬工業高等専門学校准教授を経て,現在,東京学芸大学教育学部物理科学分野准教授。宇宙物理学研究室(小林研)主宰。

ブラックホールや宇宙の始まりについて研究する一方で,子ども・保護者向けの物理学や教育についての講演を通じ,教育のあるべき姿を実践的に探求している。前任校の群馬高専では6年連続して学生からベストティーチャーに選ばれ,学生からついたあだ名が「やる気の無料配布」。

初の著書となる『ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論』(森北出版)は発売1週間で重版が決まり,発売1年で第4刷まで重版を重ねた。「夜学/Naked Singularities」では企画・出演・総合演出を務め,「大人の科学バー」など一般向けの講演会の講師も多数務めている。

Credits:

画像を使用した作成者: Niklas Kickl - "untitled image" • Alps Patel - "Its a wedding season in India and i was doing photography in DJ night… I was trying to take same cool photography of DJ night… So i took out my mobile phone ( Samsung Note 8) & put my phone in front of my camera and get this beautiful picture…" • Alexia Thais Gellona U - "untitled image"