Loading

Adobe Spark教員向け研修キット 基本的な操作方法や制作を楽しく学べる約1~2時間の校内研修を開催できます。

Adobe Spark で児童生徒・先生の創造性をスパークさせる第一歩に

Adobe Sparkの3つの制作形式や特徴、操作方法など、基本的なスキルを段階的に習得する研修会の開催にご利用いただけます。Adobe Sparkはとても簡単なので、このキットを使った約1~2時間ほどのセッション開催で、十分に授業の内外でご活用いただけます。子どもたち、そして先生方ご自身の創造性を引き出すきっかけにぜひお役立てください。

教員向け研修キット 内容一覧

Adobe Spark 教員向け研修会の準備を始めましょう

どの教育機関にもフィットする、「万能」の教員向け研修会はありえません。Adobe Spark 教員向け研修は、すでに世界中で実に数百回は開催され、時間は延べ数千時間におよびますが、一つとして同じセッションはありませんでした。このキットは、これまでの開催の経験や実績に基づいて作成された「たたき台」であり、開催準備の出発点としてご使用ください。全体計画、当日のスケジュール、参考資料の使い方は自由です。そのままでも、学校や先生方の目的やニーズ、状況などに応じて適宜変更を加えていただいて構いません。

Adobe Spark 教職員用ログインガイド:はじめてAdobe Sparkを使用する方のために、1ページで簡潔にまとめたログインガイドをご用意しました。このガイドは研修参加者にそのまま配布することもできます。

研修前チェックリスト:Adobe Spark 教員向け研修はインタラクティブなやりとりが多く、参加者一人ひとりが実際にSparkで制作するハンズオン体験(実習)が組み込まれています。印刷可能なチェックリストがありますので、こちらをクリックしてご利用ください。研修会の計画時に参考になる重要事項やガイダンスが記載されています。

招待状(Spark Postで編集可能):研修会の日時や場所が確定したら、この招待状を編集して、参加者に電子メールで送りましょう。こちらをクリックすると、招待状テンプレート当日のスケジュールテンプレートが表示されます。開催情報(日付、時間、学校のロゴ、ファシリテーターの連絡先情報など)がもれなく記載されていることを確認して、参加者に送信します。

投影用スライド:研修時に参加者に提示するプレゼンテーションスライドをご用意しました。Googleスライドはすべて編集可能なので、ダウンロードして必要に応じてカスタマイズしてください。スライドの追加、削除、ご自身で作成するのも自由です。編集可能なプレゼンテーションスライドを表示するには、こちらをクリックしてください。

*スライドに学校の校章やロゴ、ファシリテーターの連絡先情報を入れて、オリジナリティを出すのもお勧めです。

ファシリテーター用プレゼンテーションノート:スライドとプレゼンターノートをまとめた資料です。

教育機関向け無料 Adobe Sparkを導入していない学校 / 教育機関の場合は、こちらから導入をお申し込みください。

研修当日のスケジュール例:

標準的な1時間のAdobe Spark 教員向け研修会当日のスケジュールは、以下のとおりです。こちらを1つの見本として、各校の開催要件に合わせて調整してください。

3 分: はじめに

12 分: 創造的問題解決能力とAdobe Sparkの紹介

5 分: Adobe Spark デモ

  • Spark Post
  • Spark Video
  • Spark Page

30 分: Adobe Spark で作ってみよう

10 分: 作品をシェアしよう

  • Q&A
  • 次のステップ
  • 本日のまとめ

研修開催者用資料一覧:

以上で準備は万全です。開催当日は参加者の皆さんと同様、Adobe Sparkでの創造的な時間をお楽しみください!

研修開催後は?Adobe Sparkを存分に活用しましょう!

研修の開催、お疲れ様でした。先生方の熱意が「スパーク」し、学校全体にクリエイティビティの波紋が広がっていることでしょう。創造的な教育への意欲や関心の高まりを捉え、より活発な学びにつながるように、継続的なフォローアップをお勧めします。

フォローアップメール / 資料:参加者に送るサンプルメールを開くには、こちらをクリックしてください。開催後当日、翌日など、時期ごとに送るサンプルメールをご用意しています。

  • 開催当日直後のメール
  • 翌日のメール
  • 翌週のメール
  • 翌月のメール

Adobe Spark 活用のヒント

  • 教育関係者向けオンラインコミュニティAdobe Education Exchangeにぜひご参加ください。様々な教育リソースを公開、共有しています。
  • Pinterestボードとソーシャルメディア(ハッシュタグ#AdobeEDUCreative)でアドビをフォローし、Adobe Sparkを活用するためのヒントとアイデアを探しましょう。(英語版)
この著作物はCreative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International Licenseにもとづく利用が認められています。