Loading

Gatherings 2021: Studio Work Exhibition

From May to July of 2021 students from Joshibi University of Art & Design (Sagamihara, Japan) and OCAD University (Toronto, Canada) joined with Associate Professors Nicole Collins (OCAD U) and Linda Dennis (Joshibi U) to collaboratively address issues of Eco-feminism through studio practice focusing on Material and Touch.

These “studio works”, or studies, were created as we met online across time zones, distance, and languages. The interrelated topics of environmental crisis, current global feminist art practices, sustainable material explorations and the role of “touch” as a connective action informed all the work.

Student-driven research and experimentation with artmaking created from home studios and on campus environments also included an exchange of digital material across great distances from their respective localities, building an understanding of the possibilities of connection, materiality, and their personal positionality to place.

We hope you enjoy these gatherings!

ギャザリング2021 スタジオワーク展

2021年5月から7月にかけて、女子美術大学(相模原市)とOCAD大学(カナダ・トロント)の学生が、ニコル・コリンズ准教授(OCAD U)とリンダ・デニス准教授(女子美)とともに、「素材」と「タッチ」に焦点を当てたワークショップを通して、エコ・フェミニズムの問題に共同で取り組みました。

これらの「スタジオ作品」あるいは研究は、時差や距離、言語を超えてオンラインで出会うことで生み出されました。環境危機、現在のグローバルなフェミニストのアート実践、持続可能な素材の探求、そしてつながりのある行動としての「タッチ」の役割という相互に関連するトピックが、すべての作品に反映されています。

家をスタジオにして、あるいはキャンパスの環境で学生が主体的に行った作品制作と研究と実験は、それぞれの地域から遠く離れた距離を越えてのデジタル素材の交換も含んでおり、つながりの可能性、物質性、そして場所に対する個人的なポジショナリティについての理解を深めることにもなりました。

これら作品の集まりをぜひお楽しみください。

Please click on Artist Name for full content

アーティスト名をクリックすると内容が表示されます。

Daniel ZhouZheng Xinying • Alex Calder Karagianis Ming Chen • Nicole Ionescu • Shion YoshinagaDeanna GeneEmily Dakin Miho Fukasawa • Grace BlairSarah McMillanGray Bell Himari Nakajima • Parastoo Mahmoudi • Ifetayo Z. Alabi • Kate MorrisHisako Kawazoe • Anna Pollice • Sakura Idemoto • Sarah LessardSasha Shevchenko • Su Tarhan • Vicky Talwar Zora Zhou

Images: Giotto’s O by Nicole Collins and Rhythms (Ocean & Garden) by Linda Dennis