ICT利活用NEWS 第18号 Team ICHINOMIYA

生徒朝会の校長講話でのひとコマです。講話内容に関する動画を生徒たちに見せることによりイメージがわきやすくしています。

本校は管理職である校長先生、教頭先生自らがテクノロジーをどんどん活用してみようという前向きな姿勢が見られる学校です。自然とICTが溶け込んでいる様子を感じてください。それでは18号です。

保護者体験会です。もしかしたら保護者が座り生徒が立っています。もしかしたら奇妙な光景かもしれませんね!!

(授業者 田渕一行)授業は見るだけでなく、体験!と考え保護者参観を保護者体験会に変えてみました。

「学校の自分のお気に入りの場所を紹介しよう」という題で①写真を撮影する、②KeynoteかPagesでまとめる、ということをしました。このふたつのステップを保護者のみなさまにしていただいたのですが、日頃ICTを使用している生徒が先生役となって自分の保護者に教えるというスタイルで授業をしました。

普段の授業で生徒たちが行っていることを体験していただくことで保護者のみなさまに本校の授業スタイル(ICT利活用だけでなく、教え合いなどの協働学習)を理解していただいたかと思います。

(授業者 浦上和也)google formを用いて生徒全員に、これまで経験した「けが」についてのアンケートを実施しました。

教科書のグラフだけではなく、自分たちの生活レベルで、どのような怪我が、どのような時に起こっているのかをアンケートによって調べました。すぐにグラフとして全体に表示し、可視化することで、問題点が明確になりました。

保健体育での取り組みです。Google Forms はすぐにグラフにできるのも魅力ですね。学級の意見が視覚的に、しかもすぐに捉えられるのは学習者にとって感じ考えられることがたくさんあることでしょう。

続きまして国語の取り組みです。

Google ドキュメントを共同編集したものです。
Google ドキュメントという文書編集アプリを使った授業を行いました。PagesやWordと大きく異なるのは、リアルタイムで多人数で編集作業ができるという点です。1枚の模造紙に一斉にみんなで書きこむ、という作業が各自のiPad上で可能になります。

そのドキュメントを使って、各自の発表の相互評価を行いました。リアルタイムで誰が自分にどんな評価を下したのかが見れるので、そこから自身の振り返りにつなげるために使用しました。ドキュメントの課題はネットにつながっていないと使用できない点と、30人一斉に同じドキュメントを使用すると重くなり、フリーズしやすくなる点です。今後は小グループ単位で使ってみたいと思います。

ネット環境とアイデア次第で、なんでもできそうですね!最後は数学の取り組みです。

(授業者 岩根幸司)平面上の点や座標の意味、用語を理解しやすいようにipadのマジックムーブ機能を使って授業を進めました。

また、自分の考え方や級友の考え方だけではなく、他のクラスの生徒の考え方を知り、より深い理解につなげられるよう、他のクラスで撮った写真やビデオも活用しました。

他クラスの事例が使いやすいのもICT利活用の利点ですね!生徒たちもお互いの学びを参考にし、共有しあうことによっていろいろな刺激を受けていることでしょう。私たちがお互いの実践から刺激をうけているように。。。

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.