Loading

ANIMATOR Senior 4 アニメーターシニア4 座談会

シニアアニメーター4名による座談会が開催決定!

経験豊富な4名がアニメーターの「過去」、「現在」、「未来」について今後の日本のアニメーション業界をどう盛り上げていくかを考えていきます。中堅アニメーターならではの立場から考える今後の業界や、目標、そして、若い世代のアニメーター、又はそれを目指す方達への指針等を話し合っていきます。

Speaker

並木貞久氏

Blizzard Entertainment Senior Animation Artist2(ブリザード・エンターテインメント:シニアアニメーションアーティスト2)

2000年から3年間、スクウェア・ソフト(現在のスクウェア・エニックス)のビジュアル・ワークス部で各プロジェクトに携わり、2003年に渡米。小規模ゲームスタジオでインゲームのアニメーションを経験した後、2006年ブリザード・エンターテインメントのブリザード・アニメーション部に転職。シニア2・アニメーターとして各プロジェクトに参加し現在に至る。また現在ハリウッドの各スタジオで働く現役アーティスト達によるオンラインアニメーションスクールの立ち上げに参加しており、日本地域に向けてのインストラクターも予定している。

【参加プロジェクト】(代表作のみ)

  • オーバーウォッチ
  • ワールドオブウォークラフト
  • ディアブロ3
  • スタークラフト2
  • キングダムハーツ
  • ファイナルファンタジーX、X-2
田中剛氏

株式会社アニマ アニメーションスーパーバイザー

ゲーム会社に入社し3年在籍後、フリーランスで幾つかのゲーム会社経てタツノコプロダクションに所属。それまでインゲームのSet&Propsやキャラクターモデリング、そしてアニメーションがメインだったが、タツノコプロダクションで映像に移行。それ以後プリレンダーの仕事がメインになる。その後SEGAクリエイティブセンターCGチームに所属。組織の拡大に伴い「Visual Entertainment研究開発部(VE研)」、「マーザアニメーションプラネット株式会社」と変化し、2017年5月31日退社。現在株式会社アニマに所属。

【参加プロジェクト】(代表作のみ)

  • TVシリーズ3DCGアニメ『チーズスイートホーム』/アニメーションスーパーバイザー
  • ロバート・コンドウ&;堤大介監督短編アニメーション『MOOM/ムーム』/アニメーションスーパーバイザー
  • 長編フルCG映画『キャプテンハーロック』/アニメーションスーパーバイザー
島田寛志氏

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 制作部アニメーショングループリーダー

2006年からポリゴン・ピクチュアズに所属。TVシリーズ、映画、ゲーム、PV等の多様なプロジェクトでレイアウト、アニメーション、アニメーションスーパーバイザー、アニメーションディレクターの役割を担当。2012年から組織上の役職としてアニメーショングループリーダーを担当。現在、アニメーションディレクターとして2018年5月公開の[GODZILLA 決戦機動増殖都市]を制作中。

【参加プロジェクト】(代表作のみ)

  • Transformers: Prime
  • Tron: Uprising
  • 山賊の娘ローニャ
  • ストリートファイターV
  • GODZILLA 怪獣惑星
得丸尚人氏

フリーランスアニメーター

2003年までソニー・コンピューターエンターテイメントやスクウェアヴィジュアルワークスなどでゲームのオープニングムービーパートなどのキャラクターアニメーションを担当。2003年夏から2010年末まで渡米、BANDAI NAMCO Entertainment America Inc.ゲーム制作プロダクションなどで主にインゲームシネマティックパートのキャラクターアニメーションを担当。2011年1月帰国、ポリゴン・ピクチュアズ、東映、MARZA ANIMATION PLANET、StudioGOONEYSなどでレイアウトやキャラクターアニメーション、スーパーバイザーなどを担当。2017年よりフリーランスとして自宅を事務所に各プロダクション案件のキャラクターアニメーションやレイアウトなどの作業を行っている。

【参加プロジェクト】(代表作のみ)

  • SHOW BY ROCK!シリーズ
  • 聖闘士星矢レジェンド・オブ・サンクチュアリ
  • TRON Uprising
  • キングダムハーツ
  • ファイナルファンタジーX、X-2

Topic

<過去>

自己紹介とこれまでのキャリアに関して

  1. 登壇者それぞれのアニメーターへの道
  2. 渡米、仕事の見つけ方。当時と今。

過去経験してきた良い事、悪い事。

  1. 日本でのアニメーターという仕事。
  2. ブリザードでのアニメーターという仕事。

過去の経験から伝えたいこと。

<現在>

業界の現状

現場で感じる問題点、課題。

  1. 各環境におけるワークフロー
  2. モーションキャプチャーの現状。日本におけるモーションキャプチャーとキーフレームの位置付けと住み分け
  3. クオリティとテイスト
  4. パブリッシャ、プロデューサー、ディレクターと現場のクオリティ温度差
  5. その他

現場からアニメーションの卵たちへ

  1. 良いアニメーターとは?
  2. こだわり、オリジナリティを持つ事と、ディレクターの希望に沿うこと。
  3. −ディレクターのテイストを知る事。

<未来>

シニアアニメーターが考える今後の展望と願望。

業界への願望と展望

内容は予告なく変更される場合がございます。

Info

日程 2018年4月21日(土曜日)

時間 14:30 - 18:00

会場 東京都内(受講票にてお知らせいたします)

参加資格 アニメーションにご興味のある方(ご入場にはお名刺が必要)

定員 140名(お申込み人数が定員を超えた場合は抽選となります)

※ご入場時にお名刺が必要となります。お名刺がない場合ご入場いただくことができません。予めご了承下さい。

Created By
株式会社ボーンデジタル イベント事務局
Appreciate

Credits:

©2017 Born Digital,Inc All rights reserved.

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.