Build Your Brand セルフブランディングについて

セルフブランディングを構築することで、同じ専セルフブランディングは、自分ならではの「Value Proposition (価値提案)」を明記し、それらを上手に活用していくことにあります。門分野に興味を持つ人やそれに対して関心のある人の目にとまるようになります。では、TwitterとLinkedIn上でのいくつかのTipsをご紹介します。

以下の推奨事項の多くは、他のソーシャルメディアチャネルにも応用できます。

プロフィール写真の選び方

  • 良い例:あなたと認識できるカラー写真 であること (グループ写真やペットと一緒の写真は避ける)、 明るい表情で親しみやすく、最新のものであること
  • 悪い例:表情がこわばっている、低画質でぼやけている、フォーマルすぎる、自分以外の写真(アドビのロゴアイコンなど)

Twitterプロフィールの更新

名前:ユーザー名や表示名に「アドビ」「Adobe」は使用しないでください。@usernameに本名を使用できない場合は、表示名に本名を使用してください。自己紹介:160文字までで入力しましょう。Twitterでは、以下の4点に注意するとよりよい自己紹介ができます。

  1. 自分自身のことを語る:専門分野や仕事に関してはシンプルにすっきりと記入する(参照3)。ユーザーは相手の専門技術や関心事項を見てフォローするかどうかを決めるため、重要な部分です。
  2. 開示する:専門分野や仕事面に限らず、自分自身の発言は個人の見解であり、アドビの公式見解ではないことを明記します。
  3. 自分にしかないものを書く:営業担当、マーケティングマネージャーなど、似たような役職は何百万人もいます。自己紹介では、役職以外に、大勢の中でも際立つ特長を加えましょう。
  4. ハッシュタグと@メンションを使う:使いすぎは禁物ですが、自己紹介にハッシュタグと@メンションを入れると効果的です(例:@Adobeの#SocialMedia担当)。検索で見つけやすくなります。

LinkedInを更新しましょう

  1. URLをカスタマイズ:プロフェッショナル用URLとして、Linkedin.com/firstnamelastnameを取得します。使用できない場合はできるだけ本名に近いURLにします。
  2. タイトル見出しは役職だけにしない:見出しは最も人の目につくところです。クリエイティブに。専門知識を明記することにより、得意分野を印象付けます。
  3. 最新のスキルと職務内容を更新する:役職名だけでは実際の仕事内容はわかりません。スキルと職務内容を常に更新し、最新の状態を維持しましょう。
  4. キャリアサマリを書く:「キャリアサマリ」は自己アピールに最適です。会社の説明ではなく、自分自身の業務、実績、目標などを相手に語るように書きましょう。

以下の例を参考にしてください。

アドビのソーシャルシフト基礎編の一環として、上記のヒントを参考に、ぜひソーシャメディアのプロフィールを更新してみましょう。ご質問がある場合は、Inside Adobeのソーシャルメディアリソースセンターをご利用ください。ソーシャルメディアに取り組むための様々な方法が記載されています。

Credits:

Created with images by Pexels - "background blank blue" Credits & Links for Adobe Remix Header. Concept, design and art direction was by Craig Ward. http://www.wordsarepictures.com …and in the spirit of bringing together creative minds, I worked with a killer team to help bring the piece to life… Sincere thanks go to Jason Singleton and his team (Kitty, Tango and Cash) at Treatment Studios for help constructing the piece: http://www.treatmentstudio.net Jonathan Pilkington, my studio mate and a technically superb photographer used to working in low light stepped in on photography duties: http://www.jonathanpilkington.com All of the motion aspects and behind the scenes footage were perfectly captured by Laura and Jim at Mooseherd Creative: http://www.mooseherd.com Soundtrack to the moving image pieces provided by LEGS: http://www.feellegs.com

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.