Loading

ドットアート×ヒーリングアート 〜覚醒と創造の時間〜

私達は日々思考を使い、思考に支配されて生活しています。

不安や恐怖といった感情も、実は思考の声。

思考の声ばかり聞いていると、私達は本来の自分のマインドや在り方を忘れてしまいます。

アートは、本来の自分に戻るための「感覚」「感性」を取り戻す手段

自分の選んだ色や形、描く過程で感じた感覚・感触には、

自分でさえ気づいていない本来の姿、言葉、想い、本音が表現され、ルーツが隠れています。

想像してみてください

絵を描いているときに訪れる「フロー(超集中)」といわれる極限の無の時間は、意識や思考の入る隙間のない状態。

騒々しい日常と離れ、本来の自分と繋がれる時間です。

呼吸を整え、指先で感じる絵の具の感触。

目で見て心で感じる色。

静寂の中で、自分とキャンバスが絵の具を介して繋がる音。

五感を丁寧に感じる時間こそ、自分だけに集中し、自分だけに夢中になれる時間なのです。

アートはエネルギーそのもの

私達人間も、エネルギーそのものです。

絵を描くことで、アートに触れることで、

エネルギーが共鳴しあって、その空間を震わせ、癒やし、浄化していくのです。

過去でも未来でもない、自分の「現在」という一瞬を切り取り、具現化してくれるアート。

私の教室で教えているドットアートは、アボリジニアートからヒントを得て、「点」だけで絵を描く手法のアートです。

人も、宇宙も、最初は一つの点から始まりました。

点だけを使って描くドットアートは、シンプルで奥深く、

出来上がった作品は、人も、場も、浄化するヒーリングアートとして癒しを与えてくれます。

なかなか都内では教室を開催できない現状を踏まえて、この度オンラインと、地元青森でドットアート教室を開催することにしました。

この機会に、自分と繋がる心地よさ、楽しさ、うきうき、わくわく、そして自分に繋がる喜びを、一緒に体感してみませんか?

答えはいつも、自分の中だけにあります
〜生命の誕生と陰陽のエネルギーを込めた作品「いつくしみを知る」〜

12月12日(土)13〜18時 青森でのドットアート教室に参加を希望する方はこちら

https://papico.blue/dotaomori/

12月16日(水) 、19日(土)、 各13~16時 オンラインで参加を希望する方はこちら

https://papico.blue/dotonline/

過去、日本各地で開催したドットアート教室に参加してくださった方に、聞いてみました。

ドットアートを一言で表現するとしたら・・・?
一点集中
広がり
呼吸
自己と対話
潜在意識の表現
知らない内面の吐出
自分らしさ
自分との戦い
限界突破
童心
覚醒
開放
開花

イラストを描くのでもなく

モノを作るのでもなく

ただ心のままに絵の具を指でキャンバスに広げ、点を描いていくドットアートは

やり方はなく自由で

良い悪いという「誰か」からの評価もなく

上手い下手という概念すらも取り払い

日々押し寄せる思考の波に飲み込まれないように

明るい光の差す方へ歩き出せるように

少しずつ、ゆっくり、

誰とも比べず、そのままの自分で

ただ、今を楽しむ事で

自分を癒してくれているのだと感じています。

あなたにも、体験して欲しい。
日常から飛び出し、自分の真実と繋がる第一歩を

12月12日(土)13〜18時 青森でのドットアート教室に参加を希望する方はこちら

https://papico.blue/dotaomori/

12月16日(水) 、19日(土)、各13~16時 オンラインで参加を希望する方はこちら

https://papico.blue/dotonline/

〜サイトウパピコ プロフィール〜

1976年 青森生まれ 3児の母。

2015年に保育士からアーティストに転向。

ドットアートを始め、

母なる地球のエネルギーを込めたテラアートなど、

見る人や場を浄化するヒーリングアートを描く。

内面に秘めた想いや歴史、

未来などをどう具現化できるかにこだわり、

細かい描写を沢山の線を重ねて描く手法を得意としている。

一方で子どもから大人まで参加できる

ドットアート教室を全国のみならず海外でも開催する。

セブ島でドットアート教室をした際に訪れた、スラムエリアの母子の様子に心打たれ、自立サポート活動も行う。

子どもたちの未来のために、アーティストとして、母として、「頑張る女性を笑顔に」「お母さんが幸せで、満たされた世界」を目標に活動をしている。

過去参加していただいた、お客様の声を紹介いたします

あなたにお会いできるのを、心から楽しみにしています。

papico