Loading

Karin Florence Kato Contemporary dancer Choreographer

Profile

加藤 花鈴

5歳よりクラッシックバレエを始め、日本音楽高校 音楽科 バレエコース卒業。その後カナダ留学生オーディションに通過し、'09年にトロントに短期留学した後にコンテンポラリーダンスに出会う。

'10年~'12年カナダ バンクーバーのコンテンポラリーダンスプログラム Modus Operandiのメンバーとなり、ディレクター Tiffany Tregarthen, David Raymondの元コンテンポラリーダンスを本格的に学ぶ。

ProArteDanza summer program, Springboard Danse Montrealを始め、カナダ、アメリカにて様々なワークショップに参加する機会を得る。

留学中よりHenry Danielがディレクターを務めるProject Barcaとダンサー契約。その後2013年夏帰国。

帰国後より日本の伝統文化をモチーフとしたパフォーマンス集団KIRIEにダンサーとして加わり、国内外の公演活動に出演している。

ジュエリーブランドVan Cleef & Arpelsの日本40周年記念パーティ出演。

2015年韓国人振付家、Lee Kwangseok作品を踊る。韓国公演、日本公演出演。

アーキタンツ2016ダブルビル公演 新国立劇場小劇場にて香港振付家上演作品「Voice Mail」出演。振り付け Yuri Ng、作曲 Ng Cheuk-Yin

2017年よりナチュラルダンステアトル ゲストダンサーとして、文化庁派遣学校巡業公演にて準主役を務める。

2018年帝国ホテルにて映像とダンスのコラボレーション、人間国宝 能楽師 大倉正之助、バイオリニスト川井郁子と共演。

蝋作家、組紐師、霧絵師とのコラボレーション作品「白日夢」発表。ソロ作品としては2作目とする同作品は2019年Contemporary Ballet of Asiaに招呼され、韓国にて公演予定。

カナダ大使館オスカーピーターソンシアターにてトロントのダンスカンパニーKaeja d’Dance と共演。

2019年 上野の森美術館にてKIRIE プロデュース立体浮世絵展 写真作品モデル、和紙作品インスタレーション演出・振付を手がける。

さまざまなアーティストや音楽家とのコラボレーションを意欲的に行い、ダンサーとしての活動の傍ら、演出・振付も手がける。企業パーティ出演や子供向けワークショップを行うなど、活動は幅広い。

2018年Kaeja Elevation technic レベル1取得。 蒲郡 ラヴィバレエ、AI☆ダンススタジオ講師

Karin

Karin is a contemporary dancer who was born in Canada and grew up in Yokohama in Japan.

She started her classical training when she was 5 years old, and graduated from a ballet course of music department at Japan music high school.

After high school, she received a scholarship for short period of study abroad to Toronto in Canada and it was how she met to contemporary dance.

Since 2010-2012, she participated in Modus Operandi contemporary dance program in Vancouver as a member and she studied more under the artistic director Tiffany Tregarthen and David Raymond. She joined researching project Barca ( Artistic director : Henry Daniel ), and also many workshops such as ProArteDanza summer program in Toronto, Springboard dance Montreal and more in Canada and America.

After Karin came back to Japan in summer 2013, she became a member at project KIRIE which is Japanese traditional contemporary art company.

Beside of member at KIRIE, Karin joined some projects by Kaeja Dance (Toronto),Kwangseok Lee (Korea), Yuri Ng (Hong Kong), Saori Hara, Ryu Suzuki, Kaori Kagaya and Kimiho Halbert (Japan).

She had an opportunity to perform with Violinist Ikuko Kawai and Masanosuke Okura who is living national treasure of Japan as No-gaku player. it took place at Imperial hotel.

Since 2016 she has started to work as a choreographer to research and create her piece.

Since 2017 to 2019 Karin had a contract with Natural Dance Theatre as a guest dancer for the piece Circus.

Her Solo piece “Day Dream” performed at the convention centre at Japan expo in Switzerland 2018. And invited to perform for Contemporary ballet of Asia in Korea 2019.

In 2019 KIRIE produced Ukiyoe Three Demensional Exhibition at Ueno Royal Museum. Karin Choreographed Wa paper installation performance which is collaboration with various artists.

She certified Kaeja Elevation technic level 1 and has started to teach the technic.

Past Performance

2019

-Ukiyoe ThreeDemensional Exhibition produced by KIRIE at Ueno Royal Museum. Wa paper installation performance choreographed by Karin Kato.

2015-2018

-Da Dad Dada directed by Saori Hara

-Kaleidoscope choreographed by Karin premiered in Fukuoka Dance Fringe Festival.

-Voice mail choreographed by Yuri Ng at Japan new national theatre

-Collaboration with Lee Kwangseok performance in Korea and Japan

-Unit Kimiho vol.4 『Le Sacre du Printemps』... March 14th Passed an audition of Kimiho’s project vol.4 for *The rite of spring*.

2013-2014

-40 years celebration of Van Cleef & Arpels (jewelry bland) December 11th and 12th 2013 Danced at a celebration party of 40 years Van Cleef & Arpels in Japan

-Researching Project Barca by Henry Daniel February 2012-January 2013(Vancouver) The main goal of this project is to design a new intellectual framework for research/creation in choreographic practice that deploys and foregrounds intersections of difference, and to produce the full-length multidisciplinary performance work Barca within that framework.

万華鏡 -kaleidoscope-

花鈴が2017年に福岡ダンスフリンジフェスティバルにて発表した作品。beatboxer Waccha, 装飾家 須田ゆかり とのコラボレーション。

生命の誕生、生命の無垢さと不気味さ、純粋さが失われていく人間の成長、裏と表。美しさの裏に存在する物を表現した作品。

吐露 Toro

2017年9月神楽坂セッションハウスにて発表。2018年2月再演。

白日夢 Day Dream

ソロ作品「白日夢」。キャンドルアーティスト、縄師、霧絵師とのコラボレーション作品。

初演、2018年スイスダボスコンベンションセンター。再演、銀座Galerie Laにて。

2019年 Contemporary Ballet of Asia招呼作品。

Collaboration with candle artist, rope artist and body paint artist.

能楽師×バイオリン×コンテンポラリーダンス
バイオリニスト:川井郁子
能楽師 : 大倉正之助 (人間国宝)

KIRIE

http://kirie-jp.com

https://youtu.be/j9WNvJO7zRA

和をモチーフにしたコンテンポラリーアートパフォーマンス集団。代表は霧絵師 美呼。

小物や装飾等の販売にも力を入れる他、KIRIEは用途に合わせた様々なショーを展開しており、花鈴が演出する作品もあります。

-御幸-

パリJapan Expo出演、アブダビADIHEXにてパフォーマンス出演。

練り歩き-御幸-
天照
花鈴演出・振付 能楽監修作品

KIRIE has various style of performances.

Karin choreograph some of KIRIE's shows.

Karin with musicians

Karin with Piano and Flute. Performance at Ginza G735 Gallery June 10 2017.

KIRIE with Woman Orchestra

出演: 未奈・花鈴

1曲目 ゴンドラの歌

2曲目 花は咲く

浮き世の花籠

和紙インスタレーション: KIRIE 美呼

演出・振付: 加藤花鈴

出演者: 加藤花鈴 今井琴美 未奈

バイオリン 弾き語り: 小畑亮吾

Beatbox: Waccha

ピアノ: 猿楽

イベント、パーティ等その場の状況に合わせた演出でのダンスや、KIRIEのボディペイントを纏って踊る演出、装飾作品とのコラボレーションでアーティスティックに見せることも可能です。

バレエスクールの子供に教えるコンテンポラリーダンステクニックとして、フロアワークやインプロビゼーション、クリエーション等を教えております。

出演、振付、演出、教え等お仕事依頼は下記メールアドレスまでご連絡下さい。

If you have any request for performance, choreography and teaching, please contact me.

karinkato329@gmail.com

https://youtu.be/j9WNvJO7zRA