Ola Rudner オーラ・ルードナー/指揮者

“驚くべきはルードナーの指揮によって作品の新たなる面が自然と浮かび上がったことだ” (南西プレス紙/ドイツ)
“カリスマ・ルードナーによって、演奏家たちは最高のヴィルトージへと引き上げられた” (プレス紙/オーストリア)

指揮者オーラ・ルードナー「私の肖像」

シューマン:交響曲第3番「ライン」第1楽章

日本におけるオーラ・ルードナーは、2010年をかわきりにウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のサントリーホールをはじめとする日本公演ツアーが特筆に値する。彼への高い評価は、すぐに2012年、14年、17年とリピートが続いていることからもわかる。

ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲

交響曲、協奏曲など管弦楽作品、室内管弦楽やワルツ、ポルカなどウィーン風ニューイヤーコンサートピース、オペラにいたるまで、ひじょうに幅広いレパートリーをオーケストラの能力を高いレベルに引き上げ仕上げていくコンダクティング・スタイルがルードナー最大の特徴である。

ルードナーの演奏は、集中力の高い正確な指揮と説得力のある解釈で、穏やかでありながらスピードのあるトーンとフレキシブルでありながら明瞭なコントラストを際立たせ音楽作品の新しい世界を作り上げていく。
また、多くのオーケストラのコンサートマスターを歴任したルードナーのキャリアは、楽団との一体感のある演奏に大きく貢献している。

オーラ・ルードナー略歴

  • オーラ・ルードナーは優れたヴァイオリニストとしてその音楽人生を歩み始めた。パガニーニ国際コンクールに入賞し、また、伝説のヴァイオリニスト、シャンドール・ヴェーグのアシスタントを務めた。
  • カメラータ・ザルツブルク、ウィーン・フォルクスオーパー、ウィーン交響楽団など世界有数のオーケストラのコンサートマスターとして活躍した後、1995年フィルハーモニア・ウィーンを設立する。2001年から2003年の間タスマニア交響楽団、2003年から2004年の間ボルザーノ・ハイドン・オーケストラ、2008年から2016年までヴュルテンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めた。
  • 1997年以降、BBC放送交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、メルボルン響、イェテボリ交響楽団、スウェーデン放送交響楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、スコットランド・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ウィーン室内管弦楽団、ベルグラーデ・フィル、ラトヴィア国立管弦楽団、ヴェローナ野外オペラなどと、特にニーダーエスタライヒシェス・トーンキューストラーオーケストラへは多くの客演を重ねている。フィルハーモニア・ウィーンを率い、ウィーン楽友協会で毎年演奏会を行い、また、日本、ポーランド、ユーゴスラヴィア、オーストリア、トルコへのツアーも行う。
  • スウェーデン室内管弦楽団とはイギリス人作曲家サリー・ビーミッシュの全作品の録音を行い、また、2005年に、ソリストにタベア・ツィンマーマンを迎えビーミッシュのヴィオラ協奏曲の録音を行った。
  • オペラの指揮でも活躍しており、フォルクスオーパーの他に、オーストラリア、スウェーデン、イタリアのオペラハウスに度々招かれている。レパートリーは「魔笛」「コジ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」「皇帝ティトの慈悲」「イドメネオ」「フィデリオ」「椿姫」、オッフェンバック、シュトラウス、レハール、カールマンなどのオペレッタなど多岐に渡る。
  • オーラ・ルードナーは、バッハからフェラン・クルシエントや朋友ロルフ・マルティンションのような現代の作曲家まで広範なレパートリーを持つ。特別な関心は、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ベートーヴェンからブラームスとブルックナーまでの古典的なレパートリーの解釈に強く、この点で最も高い評価を得ている。
  • レコーディングではBIS、ハルモニア・ムンディ、オーストラリアのレーベルABC Classics、Camerata Tokyo、Amadeus、Venice Channel(DVD-HD)があり、ドイツ、ヴュルテンベルク・フィルハーモニーで、〈ロマンティック序曲集〉と〈メンデルスゾーン交響曲第3、4、5番〉、グリーグのペールギュントなどを発表している。
  • また、ルードナーは、オーストラリアにおける優れた音楽活動に対し、オーストリア政府から「センテナリー・メダル(100周年勲章)」が贈られ、オーストリア共和国からは、「銀賞」が授与されている。

最近の主なレコーディング

E. オービエ・プレイズ・I. ジェヴティック&D. ショスタコーヴィチ トランペット協奏曲/ベオグラード・フィルハーモニア(2014)
モーツァルト・ハイドン・ベートーヴェン/ヴュルテンベルク・フィルハーモニー(2015)
グリーグ:ペールギュントほか(2013)
メンデルスゾーン交響曲集(2012)
ロマンティック序曲集(2012)
プロ アルテ ムジケ

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.