Loading

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置 メモリー観光バス株式会社

2019年度輸送の安全のために講じた措置

①安全確認と運転技能向上

○ 交差点事故の防止に努めました。

「交差点右左折時の一旦停止又は最徐行」の実行により、安全確認の精度を高めて歩行者・自転車の巻き込み事故防止に努めました。

○ 車内転倒事故の防止に努めました。

発車時の着座確認を実行しました。

優しい運転操作「滑らかな加減速」ならびに「バス停進入速度を抑える」を実践して車内事故防止に努めました。

○ 運転技術指導に努めました。

指導運転士による、「いろは坂研修」「雪道研修」による実践指導を行い技能向上に努めました。

添乗、デジタコデータを確認し教育・指導を実施し技能向上・事故防止に努めました。

②心身のケア

○ 健康管理の徹底に努めました。

全乗務員の生活習慣病健診の受診はもちろんのこと、出・帰庫点呼時に健康管理マニュアルを活用したコミュニケーションの強化により、日常の健康状態の把握に努めました。

○ 加齢による心身変化ケアに努めました。

全乗務員の運転適性診断とカウンセリングの受診を実施し、運行管理者による面談よる、個々の特徴の把握や改善指導にて事故防止に努めました。

対象者への適齢診断とカウンセリングの受診を実施し、合わせて経営トップや・安全統括管理者による面談にて、個々の特徴の把握や改善指導に努めました。

③コミュニケーション向上

○「お客様」と「運転士」の信頼構築に努めました。

「挨拶・発車停車案内」の励行により、積極的なコミュニケーションの向上に努めました。

○「運転士」と「運行管理者」の関係強化に努めました。

運行の安全を確保するため、運転者に対して常日頃から指導監督を行い、安全関係法令等を遵守を図りました。

④車両故障の防止

○ ヒューマンエラーの防止に努めました。

チェックシートにより、最終チェック者が作業後の再確認を実施し、ヒューマンエラー防止に努めました。

○ 技術力の向上を図りました。

弊社整備工場部門による基礎知識・新技術習得に向け研修を実施し、技術力向上に努めました。

○ 予防整備の充実に努めました。

部位別の故障事例を把握し予防整備に努めました。

暖房フィルター等シーズン前点検および重点点検項目により実施し予防整備に努めました。

安全・安心への取り組み
2020年度輸送の安全のために講じようとする措置

①有責事故の防止に努めます。

○ 安全確認の徹底に努めます。

○ 交差点右左折時は一旦停止又は最徐行の徹底に努めます。

②健康に起因する事故防止に努めます。

○ 健康状態の把握の徹底に努めます。

③お客様本位の対応に努めます。

○ 接遇向上に努めます。

④車両故障の防止に努めます。

○ ヒューマンエラーによる車両故障の防止に努めます。

○ 予防整備の充実に努めます。

お客様の安全を守り抜くため、 私達は日々の努力を惜しみません。

Credits:

memory-bus.com