東京五輪自動運転RobotoTaxiの顛末 自動運転技術Level4(完全自動運転技術)一事例

2017-01-06

開発主体ロボットタクシー(株)

資本金7億円[出資比率:DeNA 66.6%,ZMP 33.4%]

大手IT企業DeNA

DeNA本社所在の渋谷ヒカリエ

2016年11月29日、キュレーションサイト[ウェブ上の情報を特定のテーマで集め、まとめたサイト]にて無断転載、検索率向上意図・専門知識無き無断編集。特に医療情報サイトに、根拠のない治療法等記載し、キュレーション10サイト全面閉鎖となった。

また、謝罪記者会見に於ける対応が、企業経営幹部としての見識を問われる対応となり注目を浴びた。

ZMP[自動運転開発ベンチャー]

2016年12月、新興市場:東証マザーズ上場予定であったが、同年11月17日に公表した顧客情報流出を受け、情報セキュリティ体制見直し目的で上場中止

自動運転技術開発で最も重視されるのは、誤制御あるいは、悪意のある他者からの妨害・遠隔操作により、想定される事故。

言うまでもなく、自動運転車制御信号を受信する情報セキュリティを破られる事に起因して、発生する。

安倍政権の成長戦略

安倍政権の経済成長戦略の骨子は、IoT・自動運転技術等による第4次産業革命に向けた、技術革新にある。

2016年リオデジャネイロ五輪閉幕式に於いて、任天堂ビデオゲームの主人公マリオに扮し、東京五輪へのカウントダウンを高らかに宣言した。

多くの報道機関は、東京五輪を象徴する技術革新の一つとして、自動運転車に依る五輪選手の送迎を、歓迎し報道した。

また、2015年11月無人自動車に依る移動サービスの実現を、積極的に支援する意向を表明した。その最初の具体的支援先が、ロボットタクシーであり、2016年G7会合に伴い欧州委員会を、ロボットタクシー視察に招いているが、その後何の説明も無い。

ロボットタクシーwebより引用

Created By
FJP communication corp.
Appreciate

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.