Loading

Adobe Sparkと創るクリエイティブな学び

*2021年2月8日開催の「Adobe Spark × GIGAスクール端末活用セミナー」のアーカイブを公開中です。ぜひあわせてご覧ください。

魅力的なビジュアルプレゼンテーションが制作できる

様々なアウトプットが可能

シンプルで、子どもたちが楽に使いこなせる

「考える」「表現する」ことに集中できる

ファイルダウンロードの他、URLで共有・公開が可能

社会につながる学びに役立つ

作品紹介:京都府・亀岡市立東別院小学校 × Adobe Spark

Our SDGs

  • Sparkで制作できる3形式すべてを組み合わせた作品
  • 子どもたちが自ら、考えを表現して世界に発信する価値に気づく
作品紹介:奈良県・奈良市立都祁小学校 × Adobe Spark

奈良県×Adobe Spark

  • Spark全県一括導入、教員向け活用研修を実施
  • 教室でSpark活用がどんどん進み、自発的・主体的な学びにつながっている
修学旅行先で実際に感じたことも踏まえて、平和への思いを動画で表現

先生がたの教材・PR動画制作にも幅広く役立てられています

奈良県:先生の作品例①

理科を楽しく(ポートフォリオページ)

奈良県:先生の作品例②

私の楽しみ(ポートフォリオページ)

Google 連携

  • Classroomに直接提出
  • Google Driveに直接ダウンロード

さらに詳しく

Microsoft 連携

  • Teamsに直接提出
  • OneNoteで簡単リンク集に

さらに詳しく

Adobe Sparkを始めるには

~申込から利用開始まで~

Step1: 利用申込
  • 申込フォームより利用をご申請ください

3営業日以内に「Adobe Value Incentive Planへの招待を承認してください」というメールが届きます。

Step2: 学校IDのSSO(シングルサインオン)設定

*Google, Azure ADなど

  • 簡単に設定できる「コネクタ」をご用意。連携後は学校アカウントでのログインが可能となります。

GoogleコネクタによるSSO(シングルサインオン)設定

Azure ADコネクタによるSSO(シングルサインオン)設定

Step3: ユーザーの割り当て
  • ステップ2で同期されたユーザー情報を割り当てます。これで Spark を使い始める準備は完了です。

詳しくはSparkユーザーガイドページもご参考いただけます。