Loading

名刺から始めるSDGs [ 名刺で使う素材から 企業イメージの発信を ]

[01]バナナペーパー

バナナペーパーは日本の「和紙技術」とアフリカ、ザンビアのバナナ農園のコラボレーションから生まれた「日本初のフェアトレード認証紙」です。廃棄されるはずだった大量の「バナナの茎」を利用し、発展途上国に雇用も生み出しております。SDGsの17の目標全てを網羅しているのも大きな特徴です。

該当するSDGs
名刺表示用ロゴ使用可能

[02]竹紙100ホワイト

鹿児島の間伐竹を100%原料とした用紙が「竹紙」です。近年、日本の各地で放置竹林の拡大による森林内や周辺の生物多様性の低下、森林の持つ水源涵養機能の低下、土砂災害・土砂崩壊への影響が大きな社会問題となっています。また、竹はその特性から再利用の用途が通常の木材よりも乏しく、間伐竹の保管場所も大きなスペースが必要となっておりました。そんな今までゴミにしかならなかった竹を活用することで、里山の保全に貢献します。

該当するSDGs
名刺表示用ロゴ使用可能

[03]ラフバガス

サトウキビの絞りカスのことを指すバガスは、世界で年間約1億トン発生しております。一部は燃料や家畜の飼料として利用されておりますが、廃棄されてしまうものも少なくありません。この本来廃棄される予定のバガスを利用して作られたのがラフバガスです。ラフバガスは発展途上国のバガスを買い取り現地に生産ラインを設けているため、農家近隣の人々の雇用や教育などにも貢献しております。

該当するSDGs
名刺表示用ロゴ使用可能

[04]LIMEX

石灰石(Limestone)は世界にほぼ無尽蔵にある資源で、この石灰石を利用して作られたのがライメックスです。通常、原料に必要な木材パルプを一切使いません。紙を作る時に大量に消費する水も削減できます。名刺1箱で10Lの水を守ります。また、紙の特性上耐水性にも優れており、メニュー表といった名刺以外のツールにも多く利用されております。

該当するSDGs
名刺表示用ロゴ使用可能

エコ名刺にする3つのメリット

誰でも簡単にSDGsを始められる

SDGsといっても「何をすればいいの?」「通常業務のほかに何かしないといけないの?」「どこかコンサルにお願いして教えてもらう?」など、何から手を付ければいいかわからなくなりがちです。しかし、皆さんが普段使っている名刺をここにあるエコペーパーにするだけでSDGsへの取り組みを始めることができます!

従業員全員がSDGsに携われる

SDGs活動といっても社内の一部の人だけがやるものでその他のほとんどの従業員には関係ない、携われないという状況は多くの企業で見受けられます。しかし、名刺は誰でも持っています。その名刺をエコペーパーに変えるだけで、全従業員が何か新しい取り組みを始めることなく会社のSDGs活動に携わることができます!

社外へのプロモーションツールとしても

SDGsへの取り組みを会社のホームページや会社案内に載せてはいても、ホームページや会社案内のCSR活動の部分まで見てくれる人は中々いません。せっかく取り組んでいるのに知ってもらえないのはもったいない。名刺は渡した人、全員が見てくれます。名刺を特徴あるエコペーパーにすることで自社のSDGs活動を全面に押し出しましょう!

株式会社エフ・アイ・エス www.fisnet.co.jp 〒140-0001 東京都品川区北品川3-6-6 品川御殿山ビル5階 Tel. 03-6864-0912