Loading

Houdini Tシャツデザインコンテスト応募作品一覧 学生部門(決勝 )・一般部門(予選)です。お気に入りの作品を選んでください!

Houdini Tシャツデザインコンテストにご応募いただいた作品一覧をご紹介します!

お気に入りの作品をお選びください。

学生部門はこちらが決勝戦です。

一般部門は上位5作品が決勝戦に進みます。

一般部門の決勝戦では、それぞれのTシャツ制作の解説およびメイキングを実施予定です。

【投票期間】8月21日(金)まで

【投票特典】投票いただいた方の中から抽選で30名様に次回開催のHoudiniマスタークラスご招待&一般部門の優勝Tシャツをプレゼントします。

※投票の際は学生部門と一般部門両方に投票ください。

※お一人様1回のみ

--------------------------

学生部門(決勝)

Reaction Diffusionの習作
使用バージョン:Indie 18.0.499

作品のアピールポイント:

この作品「変化」テーマとした作品です。

蛇が脱皮する様子をきっかけにして作りました。作品の外側の球体が古くなった蛇の皮を表していて、作品の内側が蛇の新しい自分を表しています。

球体の模様はAlgorithmic Design With Houudini ーHoudiniで始める自然現象のデザインーと言う本にある蛇の模様が作れる反応拡散系の計算を参考にさせて貰う事で作られています。これはある程度の時間が経過すると変化が停滞します。そのタイミングで外側の球体が剥がれる様な変化をつけています。

この様にして、模様は常に変化し続けるシステムを作る事で「変化」の様子を表現しました。

苦労・工夫した点:

反応拡散系の計算を使いながら自分の想像するイメージになる様に作る事が大変でした。自分の中ではこうしたらこう言うイメージになると考えても上手く行かず違う方法で試しても上手く行かなかったので諦めようと思いました。しかし分からない所を地道に調べここを変えたらいいのかな?と考える作業をしつこく繰り返す事で思った通りのイメージを作りあげました。

Radiate Cell Flower
使用バージョン:18.0.499

作品のアピールポイント:

wrangleよって四次元立体を三次元上に投影し、その入れ子的な形と繰り返しをHoudiniで表現ししました。プロシージャルモデリングによる、神秘的な色合いを感じさせる画作りを試みました。

苦労・工夫した点:

wrangleで頂点を配置した後、画を良く見せるために手動で面(primitive)を追加していったところ。自動化できる箇所と手動で調整する箇所の判断。

Broken heart
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

ハートが右から左へと徐々に崩れていく表現です。

苦労・工夫した点:

初めての破壊シミュレーションだったので破片の流れを作るのに苦労しました。

工夫した点は通常の破壊シミュレーションだとハートの形残さず壊れてしまうので端っこから壊れるよう調節を工夫しました。

バブルネット・フィーディング
使用バージョン:18.0.460

作品のアピールポイント:

クジラの漁の様子、バブルネット・フィーディングを制作しました。

クジラが水ごと魚を丸のみにするダイナミックな様子をFlipを使って表現しました。

苦労・工夫した点:

水の表現に挑戦する中で、クジラのモデルからVOPやPyroを使ってvelocity複数持たせることで、自分の求めるルックを作成しました。

書籍やチュートリアルでは基礎を扱っていることがほとんどなので、Velocity の設定などに苦労しました。

時間をかけてシミュレーションをレンダリングしたのに、Flip Sourceの設定が間違えていたりして何度もレンダリングしてしまい時間が掛かってしまいました。

クジラのマテリアルはNoiseを組み合わせながらすべてHoudini内で作成しました。

lifegame_cell
使用バージョン:18.0.348

作品のアピールポイント:

ライフゲームにより形作られる形態を、世代ごとに成長させ、セルの境界を作り込むことで生物的にも人口的にも見えるものを作り出した。

苦労・工夫した点:

通常リストで行われるライフゲームを一次元リストでの実装

color of smoke
使用バージョン:18.0.348

作品のアピールポイント:

黒生地のTシャツにマッチして、尚且つ目の引く色の多いデザインにしました。

苦労・工夫した点:

volumeの立体感を出すのに苦労しました。ポイントライトの位置を工夫することで程よい立体感が出たと思います。

lines
使用バージョン:Apprentice 17.5.173

作品のアピールポイント:

Houdiniらしい作品ということで、ノードの線や色の感じをイメージしました。(色はよ使用しているテストジオメトリのrubbertoyの色も意識しました)

またプロシージャルということでカラーバリエーションにも対応できるシンプルなデザインを心がけました。下に小さくHoudiniとロゴをいれてみました。

苦労・工夫した点:

プロシージャルと手で調整する(画角やノイズ)の部分など工夫しました。

mind eye
使用バージョン:18.0.532

作品のアピールポイント:

画の中心に引き込まれていくような構図を意識しました。

苦労・工夫した点:

ディティール保持のためあまりポリゴン数を減らせなかったので、mantraでのレンダリングが長時間かかりました。

無限エスカレーターEX改
使用バージョン:18.0.348

作品のアピールポイント:

まずメインとなるエスカレーターに関してですが、ステップの幅や段数、手すり高さなどを簡単に調節できるようにHDA化しました。

さらにPOPシミュレーションにより稼働するという豪華機能付きです!

背景に関しても陽気で不気味な広告を作りたかったのでCOPで抽出したAlphaをSOPで波紋にするなど思い通りに制作できました。

そしてこの画像には奇妙な噂があるのです…

────右を見ても左を見ても面白い作品で溢れかえった現代に振り回され衰弱しきった若者たち。彼らはこの世の無を嗜み心を落ち着かせる。

そんな彼らが5年前に結成した秘密結社「もう何も考えたくないよ」からこの度、無の永久機関「無限エスカレーターEX改」(税込1750円)が発売された。

秘密結社のはずが、初回生産分に限り応募者全員サービスという大胆ぶりだ。

彼らは一体何を目論んでいるのか…

この商品が手元に届くと受け取り主は何かから解放されたかのように微笑みだし、軽快なステップで家を飛び出していくという。

苦労・工夫した点:

初めはエスカレーターのS字カーブにステップが沿うようにシミュレーションしていたのですが、どうしてもカーブのところでステップが重なってしまいました。

そこで対策として一旦平面でシミュレーションしてからS字カーブのY座標を持ってくるという処理をしてステップの重なりを無くすことができました。

--------------------------

以上が学生部門応募作品です。

--------------------------

一般部門(予選)

t-shirts
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

特にありません。

苦労・工夫した点:

素人です。

Balloonくん発生中
使用バージョン:18.0.287

作品のアピールポイント:

かわいく、POPさを意識して作りました。

苦労・工夫した点:

Vellumを使用して、詰まってる感じや、破裂した感じを表現しました。

Begonia
使用バージョン:18.0.499

作品のアピールポイント:

Houdini内でprocedualな植物を制作

苦労・工夫した点:

ディティールにこだわりました

Color of Houdini
使用バージョン:Indie 18.0.391

作品のアピールポイント:

Houdiniのロゴとその周りを囲むジオメトリをpopfluidで作成しました。Tシャツのベースデータの色が黒だったので、全体の色味とプリント時の見栄えのあたりまで考慮して最終決定しました。

苦労・工夫した点:

Tシャツのデザインという事で細部は見えなくなるだろうとの考えから、何度もコンセプトを変更。とにかくシンプルでかっこよく見えるデザインを心がけました。

240_Explosions!
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

シンプルに、爆発!

苦労・工夫した点:

爆発をHOUDINIという文字上に配置する方法を考えたところ、やはりPDGで量産してCopy to Pointsのvariantで配置するのがよいと思い至りました。

工夫した点は、キャッシュをロードする時にノード名のDigitsを利用し、wedgeindexの番号で自動的に各爆発をロードし、さらにフレーム番号をfit関数を使用して範囲指定し、フレーム数を利用してサイズのランダム感を作りました。さらにpythonで240回ノードをコピー&ペーストするのを自動化しました。

VORONITE
使用バージョン:18.0.460

作品のアピールポイント:

Houdiniらしいプロシージャルなデザイン、ロゴのイメージの螺旋や色をアンモナイトのような対数螺旋とモザイク壁画をイメージし制作しました。

自然界に見られる規則的なデザインのなかに不規則なものが入るよう一つ一つの形状やディテールがランダムになるようにしています。

苦労・工夫した点:

初期段階ではレイアウトが決まっていなかったので、螺旋を後で簡単に変更できるような仕組みを作ること、そしてその螺旋部分のUVをラインに沿って展開するところに時間がかかりました。また今回初めてCOPを使ったのでコンポジットが少し難しかった。

TrajectoryNoise
使用バージョン:18.0.391

作品のアピールポイント:

Houdiniの色である赤めのオレンジをカッコ良く出しました。

苦労・工夫した点:

全体的にまとまった雰囲気にする為にノイズ自体に手を加えました。

your buddies
使用バージョン:18.0.348

作品のアピールポイント:

イベントで着てきたら絶対ウケると思います。

カラバリもご用意しましたので推しモデルでドヤってほしいです。

苦労・工夫した点:

普段SOPまでしかやらないことが多いのでライティングで少し困りました。

カラバリを作ることを念頭に置いていたので、汎用性を持たせてノードを組んだところが工夫した点です。

束波 / たばなみ
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

美的な観点で制御された拘束条件から生まれる美しい波の交わり、束波

苦労・工夫した点:

シュミレーションする中で偶然に出逢う美しさを生み出す拘束条件を、探し出しコントロールすること

Tシャツで美しく表現可能な線の太さを考慮しながら、全体としての表現のバランスをまとめること

Assemble.
使用バージョン:18.0.348

作品のアピールポイント:

Houdiniで製作可能な様々な要素を螺旋で表現しました。螺旋はHoudiniのロゴからインスピレーションを得ました。

個人的に強いと思っている、「角度や大きさなどに様々なバリエーションをもたせられるコピー」、「プロシージャルな形状変形」、「パーティクルや流体などのエフェクトの制御」、「それら全てが共存できること」を1枚にまとめて表現することを目指しました。

また近くで見たときと遠くで見たときでそれぞれ良さがでるような構図や配色を目指しました。

苦労・工夫した点:

液体や煙の表現は取り入れたかったのですが時短のためにシミュレーションは極力行わないようにしました。今回シミュレーションしたのはパーティクルの動きのみです。

絵の中に入る要素が多いので配色には苦労しました。

A study on fibonacci
使用バージョン:18.0.416

作品のアピールポイント:

フィボナッチ数列に示される自然界にある美しい形をキャプチャし、Houdiniによって再構成することによって誰もが見たことがある、でも今までにない新しい世界を表現しました。

苦労・工夫した点:

異なるエレメントを合わせながら一枚の画として成立させることに苦労しました。

セル調の炎
使用バージョン:18.0.499

作品のアピールポイント:

Houdiniらしいあの渦巻を一見CGらしくないセル調エフェクトで作ってみました。

苦労・工夫した点:

丁度いいカメラアングルが見つからずに苦労しました。

隙ノ間ノ息
使用バージョン:17.5

作品のアピールポイント:

Houdiniの得意とする規則性や複雑性を持ったデザインにより、舗装タイルの隙間に根を張る樹木のような、強い生命力を表現した。

苦労・工夫した点:

一枚のTシャツとして見た時に映えるデザインになるように工夫した。背景はTシャツ本体と同色で、白一色に統一したグラフィックがパキッと浮かび上がるようにした。

どいつもこいつも
使用バージョン:18.0.460

作品のアピールポイント:

ディニ子のけだるさ

苦労・工夫した点:

プロシージャルじゃないモデリングとリグが大変だった(全部)

創世のフーディニオン
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

宇宙的なスケール感を感じてください。

苦労・工夫した点:

ハードディスクがすぐ埋まってしまうので対処が大変でした。

Connect.
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

Houdiniはノードベースの3DCGソフトウェアです。従って様々なノードの線と線が行きかうラインを軸に制作をしました。

苦労・工夫した点:

sopとsolverを使用した計算による絵作り

light of houdini
使用バージョン:18

作品のアピールポイント:

テクスチャライト

苦労・工夫した点:

締切

--------------------------

以上が応募作品一覧です。

下記フォームよりお気に入りの作品に投票をお願いします。

【投票期間】8月21日(金)まで

※お一人様1回まで

Created By
管理 BORNDIGITAL
Appreciate