Loading

雛飾りと… 府中市郷土の森博物館より

2018年3月11日(日)、今回も府中郷土の森を取り上げたい。

前回の「和のかほり」に続いて、今回は「雛飾りと…」編。

訪れたのは3/11とすでに桃の節句を1週間ばかり過ぎていたが、複数の建物に古い雛飾りが展示されていた。

少し時季感がズレてしまうけど、年季の入った人形たちに唆られるものもあったので強引に掲載(笑)

雛壇が飾られていたのは、まず府中郵便取扱所。

なかなか味のある建造物で、明治22年まで郵便取扱所として使われていた矢島家の居宅。

そして雛飾り。

続いて甲州街道沿いにあった商家島田家。

薬鋪という看板から薬商であったことがわかる。

屋内にはマニアックな看板が残っていた。

ここにはたくさんの雛飾りが展示されていた。

人形をたっぷり堪能した後は、人混みを避けながら、あたりを軽く散策してみた。

忘れられたように佇む石板。

サンシュユと小川。

月影に似た翠色の枝垂れ梅が綺麗だった。

足元には梅の花弁とクロッカス。

爽やかな竹林。

初夏には紫陽花が綺麗に咲く水車小屋。

Thank you for reading.

FUJIFILM X-H1 FUJINON XF50㎜ F2 R WR

FUJIFILM X-E3 FUJINON XF23㎜ F2 R WR

Credits:

©︎2018 nanamai's Photograph

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.