Loading

里山に住む土地を探す人へ。 土地探しをしている方へ、第2回プロジェクト、自然豊かな暮らしを実現するために。島好常・島いずみ建築研究所

第2回プロジェクトは、スタート。

山里に住む土地を探している人へ

第2回プロジェクトは、スタートしています。

私達が住む、川の向こうの集落の一角に1,347㎡(407坪)の土地があります。広い土地なので、400㎡くらいの区画を所有し、ゆったりと家が建てられます、田舎に住みたい希望者を探しています。

三軒を計画する、現在このプロジェクトの一軒は、すでに一区画に家を実現されました、

ローコストな土地を探しているご家族や、町に近い田舎に住みたい方は、

問合せフォーム

山里に移り住む、ローコストに簡素な暮らしを広い土地に、小さな家を計画をしたい家族のために、、、

土地を決める前に、これからの暮らしを考える。
住む土地に暮らしをイメージしてみる。
どんな暮らしが待っているだろう。
話し合い、心が決まったら、土地を取得する。

住む土地を探す

どうぞ、上記リンクでお問い合わせください。

家と庭の計画は、敷地全体で具体化し

手作りの小屋、水場と動物、パン窯など、、

家と畑と、子供の遊び場など配置構成を考え、木を植える場所を決める。

十年後、家の佇まいが里の風景にとけむように。

私達のオフィスから、見る樹々は、

苗木から、育てたもの。

今、涼やかな木陰をつくり、風が流れます。

オフィスのピロティから

日々の暮らし、

調理する、食事する場所、くつろぐ居場所、野良仕事の場、

家族の年月と変化を想い、いろんなことを話し合う。

里の自然。夏のこと、冬のこと。

耐震性・耐風性を計算し、丈夫な建物のつくり方、予算の組み方を相談し。

話し合う。暮しをイメージする、楽しい時間。

実現に向けて、丁寧に一歩づつ。

このプロジェクトは、それぞれの家族の想いを重ね、

土に親しい暮らしをスケッチでまとめ、

広い土地を自由な発想で、一緒に、家づくりから里山保全を考える。

区画化された宅地分譲型ではない、

自然な地形を読み解き、プランは、進みます。

季節は春を迎え。

適切な候補の土地を見つけたら、

住みたいと望まれる、ご家族を募ります。

里山でなら、こう暮らしたいと、想いを抱く家族を結ぶ。

農地荒廃と過疎化対策、集落構成を保全する。

地域住民との、ゆるやかな交流で実現する方法を考えます。

「里山に住む土地を探す。」プロジェクトで候補の土地との、

マッチングを行います。

私達は、土に親しい暮らしを実現したい人を応援します。

第2回プロジェクトは、始まりました。

問合せ

大きな森の小さなギャラリー島好常・島いずみ建築研究所/一級建築士事務所

聞きたいこと、知りたいことなど、お会いしての質問は、

移住・定住のカフェへ、どうぞ。

どうぞ、予約してお越しください。

大きな森の小さなギャラリー

私達のこと、

ヤギのメェーコ
梅の実が大きくなり、
スモモが熟し、収穫の日、
真夏の日を迎えます。

四季の変化が豊かな里山でなら、

その恵みを生活の中で楽しむ。

時間をかけて、ゆっくりと、

土と親しむ暮らし。

樹を植えよう、

果樹を植えよう。

我が家の下を流れる足助川
川辺向こうから見る樹々の中に家。
Created By
sima yosinobu
Appreciate

Credits:

sima architect design office