Loading

MuRo’s VR WORKSHOP 存在感を高めるコンテンツ作成術

BD CG Study Group Pro "MURO's VR WORKSHOP"を2018年1月13日(土曜)に開催することが決定いたしました!

昨今VRコンテンツを作る難易度が以前に比べて容易になってきましたが、作ることがいくら容易になったとしても見る人が感じる部分は、キャラの存在感(プレゼンス)によって大きく変わります。VRコンテンツを見る人の心に印象付けるには、あたかも目の前にヴァーチャルのキャラクターが実際にいることを錯覚させるためのテクニックが必要です。

今回は、VR空間で映画を撮れると話題の『MakeItFilm」やVR空間内でストップモーションアニメを作れる『PlayAniMaker』などを発表している株式会社エクシヴィのビジュアルディレクターMuRo氏(@MuRo_CG)を講師に迎え、VRコンテンツを開発する上で忘れてはいけないことを詳しくお話しして頂きます。

【講師紹介】

室橋雅人氏

株式会社エクシヴィ ビジュアルディレクター

室橋雅人(@MuRo_CG)氏

デザイナーとしてゲーム開発を経験、アニメーションやコンポジットを得意とする。

現在は株式会社エクシヴィに所属。VR制作のディレクターをしている。

『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』『初音ミク VR Special LIVE -ALIVE-』などの制作に携わる。

個人でも「クリエイティブな人を増やすVR」をテーマにVR作品を制作している。主な開発は『MakeItFilm』『PlayAniMaker』など

【講演内容】

〇『MakeItFilm』と『PlayAniMaker』の開発裏話

〇VRコンテンツ制作時のセオリーとタブーについて

  • VR酔いを防ぐ工夫とは?
  • VRでやってはいけないこととは?
  • VRの良さを生かした演出とは?

〇VRにおけるカメラワークについて

  • カメラフレームがないVRでは何がカメラワークになる?
  • ユーザーをコントロールするには?(目線や行動の導線)

〇さらに高めるVRプレゼンステクニック紹介

  • 実際の事例を紹介しながらMuRo式テクニックを紹介

〇まとめとQ&A

【講師から受講者の方へのメッセージ】

「VRは今まで使っていた技術が使えない?」そんなことはありません。VRへの変換方法や考え方を解説していきます。カメラワークが使えないVRの中でユーザーをコントロールするためには?体感を意識した舞台設計や演出とは?キャラクターを魅力的に魅せるには?等、今までのVR開発で得た経験に基づくノウハウをお伝えます。

【セミナー概要】

日時 2018年1月13日 15:00 - 17:30

場所 都内セミナールーム

参加費 無料(※参加資格あり)

参加資格 弊社と下記対象製品のサブスクリプション/メンテナンスが有効な方

  • Autodesk Maya
  • Autodesk 3ds max
  • MEDIA & ENTERTAINMENT COLLECTION
  • HoudiniFX/HoudiniCore

本セミナーは抽選です。セミナー1週間前には抽選結果及び受講票を配信いたします。参加資格をお持ちでない場合、抽選結果の連絡は致しません。不明な場合は、support@borndigital.co.jpまでご連絡ください。

お申込期間 2017年11月29日2017年12月25日まで

Created By
ボーンデジタル イベント事務局
Appreciate

Credits:

© 2017 Born Digital,Inc All rights reserved.

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.