1日だけの青れんが 4月2日は世界自閉症啓発デーin舞鶴

国連では毎年4月2日を「世界自閉症デー(World Autism Awareness Day)と定め、自閉症を理解してもらう取り組みが各地であります。

日本では4月2~8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップが各地で行われています。

京都府では、京都タワーをはじめ、京都府庁や京都市役所、福知山城などを青色にライトアップしていますが、舞鶴では今年初めて開催!

舞鶴赤れんがパーク5号棟を青色にライトアップします!

赤れんがを青白く照らし、自閉症の理解を広めます。

日時:2017年4月2日(日)18:00~20:00

場所:舞鶴赤れんがパーク5号棟(イベントホール)

内容:ブルーライトアップ点灯、ステージパフォーマンス、作品展示等

主旨に賛同し御出演いただく「The LAST Order 」と「社 堂奥和太鼓会」。

チアリーディングチームGROROUSや、ゴスペルグループP-VOICEのステージもあります!!!

中丹圏域障害者自立支援協議会 発達障害部会オリジナルキャラクター「おでんねこ」もお出迎え!顔ハメパネルや発達障害にかんする各種資料もあります。

いつもの赤れんがとはちょっと違う空間で、素敵なパフォーマンス。

そして、発達凸凹のことを知っていただきたいのです・・・。

何かブルーのものを身につけて...皆さまのお越しをお待ちしています!

【主催】舞鶴自自閉症児・者の住みよい地域づくりをすすめていく会れいんぼう)、発達障害者中丹圏域支援センター、京都府

【後援・協力】舞鶴市、舞鶴市教育委員会、舞鶴市社会福祉協議会、京都府自閉症協会

【お問合せ】京都府中丹東保健所(福祉室、保健室)TEL0773(75)0856

今回、初めての取組なので、すべてが手づくりです。

パフォーマンスの皆さん、ライトアップに協力してくださる皆さん、運営してくださる皆さんも、すべてボランティアで協力してくださいます。

この小さな一歩が、自閉症の理解を広げ、住みやすい地域になることを願っています。

京都の各地、日本の各地でランドマークがブルーになります。

Credits:

Created with images by Pexels - "abstract backdrop background"

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.