どうしたらいいのかわからない 虐待の恨みはどこにある?

「松田さ〜ん。もう、どうしたらいいのかわからない。」

「なに、なに?どうしたの?」

「彼に、子供がいた。彼、前に結婚していて、子供がいるらしい。で、今も養育費を毎月払っている。って。どうしたらいいんですか?うぇ〜ん。うぇ〜ん。」「私、騙されてたのかな?」

どうしたらいいと、言われても。私には、話を聞いてエモーションフリーをやるしかない。エモフリ。エモフリ。

「でもね。実は私も妊娠はしたことあるんです。育てられないから、堕ろした。彼に話したほうがいいですか?」

「もう、なにがなんだかわからなくて。どうしたらいいのかもわからないです。」

わぉ。そんなところで、彼と彼女の類似性???私は、どんなフレーズを使ったらいいのか?それしか考えていなかった。

「うん。ちょっと待って。」

エモフリ。エモフリ。

「私、彼に騙されていたんですか?彼は、元奥様のことまだ好きだから養育費払っているんですか?」

「もう、どうしたらいいんですか?」

泣きながら、自分でも混乱している。

「私は、もう前の彼氏たちは好きじゃないし。彼のことも好きなのかよくわからない。」

はい。はい。エモフリ。エモフリ。話してスッキリもしたのだろう。エモフリも効いていた。

「彼とちゃんと話したらいいよ。」

と、言って電話は終わった。私が解放したのは、子供のこと。おろした子供に対する罪悪感。そして、彼に対する不信感など。

次の日の朝、彼女からすぐにLINEが来た。

「松田さんと話してだ時は、スーッてするんですけど。なんか、胸がギューってなって、きついです。」

「彼と話したんでしょう?」

「はい。あの後すぐに、彼とは電話で話しました。嫌われたくなくて、黙ってたそーです。」

「なんか、相手は普通に話してても、私がダメで、厳しい。もっとおちゃらけちゃえばよかった。でも、なんか怖いんです。なんだかわからないけど怖いんです。でも、乗り越えます。またダメだったら電話してもいいですか?」

「もちろん。」

「爪もまた、やっちゃったので。またお願いしてもいいですか?」

「もちろん。」

あ〜〜。彼女の爪、のびてきていたし大丈夫だと思って、フィルイン(爪にジェルが強力について、剥がれない技術)あれで、むしると、とんでもないことになる。多分、爪剥がれてるな。きっと、血だらけだ。痛みもそうとうあるだろうに。フィルインにしなければ良かった。と、私は自分を責めた。

しばらくして、彼女はまたネイルをしに来た。私のほうが、申し訳ない気持ちでいっぱいなのに、彼女は何度も私に誤った。

「せっかくやってもらったのに、また爪むしってしまって、ごめんなさい。」「綺麗な爪に、なれなかった。」

また、彼女の話を聞いて、エモフリとネイルをする気満々だった私。

しかし、その日は、そうではなかった。

その頃の、私は私で子供のことで、悩んでいた。なんだかその日は、彼女の話ではなく。私の話ばかりしていた。彼女は私に、「松田さん、自信持ってください。」たくさんの励ましとアドバイスを、私にくれた。

「前に、電話くれたとき。たくさん泣いていたから。今日もその話をするのかと思っていたら、まさかの私のための時間だった。20歳以上年下のあなたから多くのことを、気付かされたよ。ありがとう。」

その後も、LINEで何度かやりとりをしていた。

「松田さん、ジェル剥がすのにはまっちゃう。本当にごめんなさい。彼とはとってもいい関係です。向こうの家族にもよくしてもらっているし、すごく嬉しい。」

LINEで職場のことを何度か聞いて、遠隔エモフリをした。そして、いつの間にか連絡は途絶えた。

つづく

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.