世界の食料庫、 北アメリカ州

※企業的農業・

大型機械や大規模な「かんがい設備」を利用し、大量生産を行っている。

センターピボット方式・・・

回転するスプリンクラーを使って「かんがい」する。

乾燥地域でも作物の生産が可能に。

フィードロット方式・・・

多くの肉牛を集団で育てる。

「世界の食料庫」・・・

小麦、とうもろこし、大豆などの輸出量が非常に多い。

食糧援助も行っている。

P.72下の表で確認!!

※穀物メジャー・・・

穀物を扱う大企業。

世界の農産物市場で大きな影響力。

背景画像はカーギル社。世界トップの穀物企業である。

※バイオテクノロジー・・・

遺伝子組換えなど。

新しい品種の開発。

※適地適作・・

各地の地形や気候に適した農産物を栽培する。

P.73上の地図で確認!!

Credits:

Created with images by wobogre - "nature landscape field" • Bergadder - "bale straw agriculture" • Sam Beebe, Ecotrust - "Ririe Dam aerial" • USDAgov - "20120105-OC-AMW-0452" • Bernt Rostad - "Het Anker whisky" • skeeze - "grain elevator storage grain" • MDGovpics - "Biotechnical Institute of Maryland" • blacklord - "grain"

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.