Loading

まごころ習慣 田七人参

田七人参・別名を、三七人参

田七人参は、収穫後は10年は畑を休ませなければならず大地の力を吸い上げると言われています。現地では歴史ある貴重なものとされていますが、その"人参"の底力に今日本でも注目が集まっています。

田七人参(三七人参)はウコギ科の薬用植物

栽培に3〜7年かかることから三七田七(サンシチニンジン)のと呼ばれるようになったとの一説があります。生産地は中国南部。雲南省をはじめとして生産されています。標高1800m〜の人間には厳しい環境の中、一定の栽培環境を必要とする。寒さに弱く、栽培に手間がかかることもあり、古くより金にも変え難いもの、という意味で”金不換(きんふかん)”との別名も持つ。

田七人参の中国輸出が解禁されたのは高麗人参のずっと後。

田七人参が日本に輸入されたのはここ100年ほどのこと。それまでは輸出が許可されていませんでした。中国では”漢方”として扱われており、生薬として貴重なものとされています。日本では食品扱いとなりますがその実感力とパワーに今注目が集まっています。

飲み続けてこそ、の”田七人参”の実感力。

田七人参は即効性のあるような人工的な”お薬”ではありません。毎日続けてこそ体に馴染んでいく”自然の力”そのものです。その実感力には定評があるのは、人参の王様と言われる田七人参ならでは。男女問わず健康維持を求められる方、朝がツライと感じている方など、田七人参を取り入れて実際に”感じて”みて。

雲南省文山(ブンザン)に位置する大栄田七農場。自社の栽培だから、輸出時の劣化にも最新の注意を払うことができます。

エア便で素早く空輸。田七を"根"の状態で運ぶから安心。

日本本社で再度検品をした田七人参は日本GMP認定工場で粉砕・滅菌・加工を行います。

注目は、高麗人参の数倍の”サポニン”

田七人参で欠かせないのが高麗人参の数倍の上をいくサポニン。朝が変わると名高い田七のゆえんです。しかし田七はサポニンだけではありません。必須アミノ酸・有機ゲルマニウム・ビタミンなど食物としてのバランスに注目したいところです。

1日4粒、田七を始めよう。

田七人参卸業30年〜の専門業者が作る安心の田七人参サプリメント。1日4粒、より多くの方に価格も安くない希少な田七人参をお試しいただきたいと、お手頃な価格で新登場。1日あたり約99円の自然の贅沢をこの機会に実感してみては。

自社栽培の”こだわり”田七人参を。

↓田七人参ご購入はこちら↓

amazonで販売中

↓大栄田七農場の公式サイトはこちらから↓

Created By
大栄田七農場 田七人参
Appreciate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.