Loading

Acrobat DC 穴埋め問題をデジタル化

授業で使っている穴埋め問題をPDFで簡単送信

配布機能まで使えば、集計や添削も簡単です

穴埋め問題のPDFをAcrobat DCで開きます

紙のプリントをデジタル化する方法はこちら

「フォームを準備」をクリック

「開始」をクリック

Acrobatが枠を認識して、自動でフォームが作成されます。

名前のところには枠がないので、追加します

テキスト入力のアイコンからフォームフィールドを「名前」の任意の位置にドラグ&ドロップで追加します

記入する文字のフォントや大きさも指定できます

フォームフィールドの名前を整えておきましょう

(このまま添付ファイルとして送る場合は、この作業はスキップしてもOK。配布&回収する場合は、整えておくと集計がスムーズです)

PDFを保存して、メールなどで配布。受信者は、デジタル上で回答を入力できます

さらに、Acrobatは、配布と集計の機能があります

右下の「配布」をクリック

メッセージに従って、「続行」します

ここでは、メールによる配布を紹介します

続行するとプロフィール情報の確認と配布方法に続きます

メールのタイトルや本文をカスタマイズします

宛先は複数名入力可能です

最後に「送信」をクリック

Acrobatからメールが送信されます(通常のメールより時間がかかる場合があります)

集計のトラッカー画面

受信者側のメール

正しく送られています

受信者は、Acrobatで添付のPDFを開くと回答を入力することができます

入力終わったら「フォームを送信」をクリック

Acrobatからメールが送られます

回答が戻ってきました

PDFをクリックすると集計に関するメッセージがでてきます

「開始」をクリック

回答が読み込まれました

複数回答が返ってくると、この画面にリストアップされます

左のアイコン「書き出し」からCSVに書き出すとエクセルで集計を見ることができます

集計やグラフの作成に便利です

いかがでしたでしょうか