subaru total planning 理念・指針

■理念

『利用者本位とは何かを考え続ける』

相手の立場に立って考え、手助けをするのが私たちの仕事です。

毎日を心地よく過ごせるように、ライフステージに合わせたサービスを行うことがSubaruの理念です。

現在、ご利用者は300人、職員は約200人。合わせて約500人と繋がり、平均家族3名とすれば、約1,500人の生活に深く関わっています。

利用者本位とは何かを考え続けていると、働く人の幸せとは何かを考えることにもなります。

利用者支援を通して、働く人の経験の質も高めていきます。

すべての人が豊かに、いきいきと生活していけるように、これからも、考え続け、諦めずに創意工夫していきます。

■Subaruの使命

福祉のイメージを高め、地域で最も必要とされる会社になる。

■行動指針

上記にある理念を具現化する基盤として行動指針があります。

常に前進、常に改善

皆様に“喜んで頂く”ことが私たちの使命であり、モチベーションとなる。

配慮や気づきが行き届いた、質の高いサービスを提供していくために、ご利用者、働くひとの立場に立って考え、常に前進、常に改善していきます。

プロフェッショナル・チームワーク

Subaruはひとり一人の強みを活かし、ベストを尽くす会社です。

“豊かな知識や人間性”と、“多様性を持ったグループの力”を最大限に発揮し、専門的なサービスを提供します。

計画→実行→検証→仕組化

より良いサービスを、必要な時に提供できるように、「目的を明確にし、達成するためには何をしなければいけないのか考え、実行する(準備=結果)」「人の意識を変えようとするのではなく、環境を整えることで行動が変わり、意識が変わる」考えにもとづき、具体的なプランをもとに実行し、仕組みをつくっていきます。

地域の中で最も必要とされる会社に!

Subaruは「福祉サービス」を提供しています。

常に相手の立場に立って考え、真摯な姿勢を持ち、「利用者本位のサービス」を念頭に置き、

「利用者本位のサービス」を提供するために、働く人たちを大切にします。

福祉のネガティブなイメージを払拭し、将来に不安を持つことなくて定着できる会社を目指しています。

豊かな人間性を育んでもらい、結婚し、子育てをしながら働ける、職場復帰できる会社でありたいと思っています。

Made with Adobe Slate

Make your words and images move.

Get Slate

Report Abuse

If you feel that this video content violates the Adobe Terms of Use, you may report this content by filling out this quick form.

To report a Copyright Violation, please follow Section 17 in the Terms of Use.