Adobe Spark で YouTube イントロを無料作成

独自の YouTube イントロビデオを数分で作成。

Learn more

使いやすいインターフェースにより、デザインスキルなしで魅力的な YouTUbe イントロを作成できます。

Spark の YouTube イントロサンプル

写真、ビデオクリップ、アイコン、声を、あなただけの YouTube ビデオイントロに簡単に挿入できます。

今すぐ YouTube イントロを作成

YouTube イントロの作り方

  1. 新規 Spark Video プロジェクトを作成して開始

    Web か iOS アプリの大きなプラスボタンをクリックすると、スライドベースのエディターが表示されます。 Spark Video のイントロ作成ツールには複雑なタイムラインがありません! プリロードされたストーリー構造の1つを選択するか、スライドにメモを追加して独自のストーリー構造を作成することにより、アプリ内でビデオストーリーをストーリーボードに追加します。 各スライドには1つのポイント/考えだけを表示するようにします。
  2. メディアをスライドに追加

    次に、メディアをスライドに追加します。 画像、ビデオクリップ、アイコン、テキストから選択します。 ツール内の写真やアイコンを検索でき、自分の写真やビデオクリップも使用できます。 各スライドには一度に最長30秒のビデオを追加できます。 短いビデオクリップや写真を使用して、メッセージを視覚的に表現してみましょう。
  3. 事前設計されたレイアウトを選択

    左上隅の [レイアウト] とラベルが付いたプレロードされたプレースメントのいずれかを選択することで、各種レイアウトでメディアを表示できます。
  4. 重要な情報を伝える、または行動を促すためにテキストを使用

    テキストを画面に表示すると、音声なしでビデオを見ている人にもメッセージを完全に伝えることができます。 オーディエンスに直接話しかけたい場合は、レッドボタンを押して、スマホまたはコンピュータに向かって話しかけて声を録音するだけです。
  5. テーマとサウンドトラックで味付け

    Spark Video には、ビデオの全体的なルック&フィールをコントロールするテーマがプリロードされています。 テーマはスライドと要素のモーションの間のトランジションを促します。 [テーマ] のカテゴリをタップして、ユニークなテーマを選択するだけです。 自作の曲や Spark Video 内の無料で使用できる曲を選択して、音楽を追加することもできます。
  6. 公開して共有

    ビデオが完成したら、直接ソーシャルメディアで共有、Eメールでリンクを送信、または iPhone や Android のカメラロールに mp4 としてビデオを保存します。

無限のカスタマイズオプションでユニークなイントロを作成

標準的なビデオソフトウェアで作成したビデオは、YouTube 上の他の無数のビデオと代わり映えしません。 けれども、このイントロ作成ツールの膨大なカスタマイズオプションを使えば、個性的で目を惹くイントロビデオが作成できます。 心ゆくまで様々なデザイン機能を試してみましょう。デザインへの変更はすぐに反映されます。 Adobe Spark は、ビデオ制作がこれまでになく簡単になる、YouTube イントロ作成ツールです。 この無料 YouTube イントロ作成ツールの開始に必要なのは、プロジェクトに名前を付けることだけです。 入力したテキストが、イントロのメインヘッドラインになります。 メッセージは [テキスト] ページで変更できるので、後で気が変わっても心配はいりません。 わずか数分で、イントロをビデオの他の部分に組み込めるようになります。

数分で YouTube イントロをデザイン

高度なビデオ制作パッケージもいつくか利用できますが、多くは非常に複雑で、ある程度の技術的なノウハウが必要となります。 一方、Adobe Spark は、使いやすいデザインインターフェースを採用しているので、わずか数分で操作を習得できます。 このパワフルな YouTube ビデオイントロ作成ツールは、無料であるばかりでなくマウスを数回クリックするだけでプロ並みの結果が得られます。 Adobe Spark の YouTube イントロテンプレートは、ビデオ制作において誰もが簡単に大きな力を発揮できます。

Spark の機能

豊富な Spark の YouTube イントロサンプル