動画に画像を挿入

動画編集で写真やイラストを追加し、本格的なビデオに仕上げましょう

Learn more

動画は文字通り、実写映像やアニメーションなど「動く画」です。ただ、動画を最初から最後までずっとアクティブに動かす必要はありません。じっくり見せたいシーンがあれば写真やイラストなどの静止画を使うで、より伝わるコンテンツになることもあります。オンラインビデオ編集ツール「Adobe Spark Video」を使って、映像に写真やイラストなどの静止画を追加し、メリハリのある本格的な動画を完成させましょう。

動画の編集で、画像や写真を入れる

Adobe Spark Videoは、シンプルで直感的なインターフェースで簡単に動画編集ができます。写真や動画をワークスペースにアップロードしたら、フォントスタイルやダイナミックなビデオトランジション(カットとカットをつなぐ切り替え効果・演出)を選ぶなど、さまざまな機能を駆使して動画を作り込んでいきましょう。また、作成したビデオを保存・共有したあとでも、再度アクセスすれば、納得いくまで動画を作り込むことができます。Adobe Spark Videoを使って動画に画像や写真を追加する方法は、以下のクイックガイドをご覧ください。

今すぐ動画に画像を差し込む

動画の中に画像や写真を挿入する方法

  1. コンテンツをアップロードする

    スマホでAdobe Spark Videoモバイルアプリを開いたら、赤い(+)のサインを押して動画編集を開始します。ここで、動画内に挿入したい写真を選び、タップしながらセレクトします(いつでも追加可)。

  2. タイムラインを完成させる

    タイムライン上の四角(各シーン)を長押しすると、好きな順番で画像を配置できます。オープニングとエンディングに表示する制作者・関係者の一覧シーンは、テキストフレームを追加したり、動画コンテンツの追加アップロードでタイムラインに散りばめたりして、映画さながらの演出で仕上げましょう。

  3. テーマを選ぶ

    動画に挿入する文字のフォントやカラーバリエーションを比較・検討するなら、「テーマ」がおすすめです。この機能は、火花を追加するアニメーションのトランジション効果を備えているので、それぞれのテーマをテスト実行してみましょう。

  4. タイミングを調整する

    タイムラインの写真アイコンをクリックしてください。写真の下には時計のアイコンがあり、その横に時間が表示されます。これを押してからスライディングスケールを調整。次の写真に移行する前に、画面上に滞在する時間の長さを選択します。

  5. 動画をカスタマイズする

    テキストや音楽、その他のコンテンツを追加して、充実した美しいビデオを作成しましょう。ワークスペースの左側にある再生ボタンを押すと、編集した内容をプレビューできます。

  6. ビデオ編集を再確認→修正

    Adobe Spark Postでは各パーツのデザインを保存できるので、ある編集ポイントに戻って追加の変更を実行できます。具体的には、ビデオのサイズを変更する、新しい音楽を差し込む、オープニングやエンドロールにスタッフ一覧を追加するなど。適切な修正を入れることで、質の高い動画を完成させましょう。

写真を動画の中に表示し、自分のものにする

画像で動画を作成したサンプル