Adobe Spark を使ってオリジナルのチケットを無料でデザイン

他にはないユニークなチケットをすばやく作成。 デザインスキルは不要です

Learn more

チケットは、イベントに参加するときに提示するものとなるだけでなく、そのイベントのトーンを設定するものでもあります。 Adobe Spark はチケット作成ツールとして活用することができ、デザインスキルやプログラミングの知識がなくても、パッと目をひくプロ品質のチケットを作成できます。 マウスを数回クリックするだけで、参加する価値のあるイベントであることが伝わるチケットを作成できます。

初めからイベントのトーンを決めます。

参加者は、チケットを手にした瞬間から、いつ、どこに行くのか気になります。 Adobe Spark チケットテンプレートを活用すると、イベントが大成功することは間違いありません。 いくつか変更を加え、他にはないユニークなチケットにし、ゲストにどんなイベントになるのかを具体的に伝えます。 Adobe Spark を使えば、チケットのデザインはとても簡単です。 まずは、プロジェクトに名前をつけます。 入力するテキストは、チケットのプレビューに表示されます。 入力したテキストが気に入らなくて、いつでも変更できます。 メインデザインページから、チケットのデザインに満足するまで自由自在にカスタマイズができます。

今すぐオリジナルのチケットを作成

チケットを作成するには:

  1. プラットフォームに最適なサイズを選ぶ

    最初のステップは、画像を投稿したい場所を考えます。Facebook のグラフィックにはさまざまなサイズがあり、Instagram の写真は正方形なのが一般的だからです。 フォーマットを慎重に選ぶことで、画像が最終的に途中で切れてしまったり、共有したときに見た目が悪くなることを避けられます。
  2. テーマを選択

    次に Spark のテンプレートのログをスクロールし、投稿にぴったりのテーマを選びます。 ホリデーや季節のテーマが選べるだけでなく、そのときの気分に合わせてテーマを選ぶことができます。そのときの気分や伝えたいメッセージ全体を伝えるテーマを選びます。
  3. 画像をカスタマイズ

    写真や他の画像を追加しチケットをパーソナライズし、ライバル企業に差をつけることもできます。 プレビューパネルの「+」のリンク先をクリックし、お手持ちの画像をアップロードする、またはクリエイティブ・コモンズの無料画像から気に入ったものを選びます。
  4. 人を惹きつけるテキストを考える

    参加者に時間通りに参加してもらうように、イベントについての重要な情報を入力します。 「テキスト」をクリックすると、テキストの追加または編集ができ、さらに行間、透過度、フォント、色や文字の向きを変更できます。
  5. ダウンロード、共有または印刷

    最後に Adobe Spark を使って直接メッセージを共有することも簡単にできます。 ダウンロードをクリックし、出来上がったチケットを保存したら、選択したプラットフォームに画像をアップロードできます。

カスタマイズのオプションでインパクトあるチケットを作成

Adobe Spark Post は無料のチケット作成ツールで、このツールを使うとデザインの組み合わせは無限大です。 イメージしたデザインが出来上がるまで、色、フォント、画像、背景やテーマをいろいろと試すことができ、イベントのベストなスタートを切ることができます。 チケット作成にはプログラミングやデザインスキルは不要です。必要なのは豊かな想像力だけです。

Spark ではデザインが出来るまでのプロセスを自分で管理できます。

すでに用意されたコンサートチケットのテンプレートまたは映画チケットのテンプレートを使ってデザイン作成をスタートすれば、クリック&ドラッグのインターフェイスを使って好きなように変更ができます。 細かなディテールを調整でき、無料でプロ品質のチケットを作成できます。 Adobe Spark は無料で使えるだけではありません。イメージしたビジョンを思い通りの形にすることができます。第三者に依頼した場合はイメージ通りの仕上がりにならないこともあります。 Adobe Spark を使うと、イベントチケットテンプレートの作成も迅速・簡単、さらに楽しくできます。

Spark の機能

Spark を使って作成したチケットの一例: