SNSのイメージ画像を無料で作成

カバーやプロフィール、ストーリーなど、自分だけのSNS画像をさくっと作成しましょう。デザインのスキルはまったく必要ありません。

Learn more

InstagramやPinterest、Twitter、Facebookなど、誰でも簡単に情報発信・共有ができるSNSは、スマホが浸透した社会では重要なデジタルツールです。広報やマーケティング担当者としてSNSをビジネス利用したり、プライベートで友人や知人たちと連絡を取り合ったりするなら、SNSアカウントにはより魅力的なカバー画像やプロフィール画像をアップロードしておきましょう。これによって、フォロワーを楽しませたり、より多くの人たちにメッセージを届けたりしやすくなるはずです。

「グラフィック・クリエーター」への道

「SNSにどんな投稿をするとバズるのか?」 InstagramやTwitterなど、SNSではバズが起こるようなメッセージや写真が毎日のように投稿されています。多くの人が、フォロワーの記憶に残るような、シェアしてもらえるような、ユニークな何かを投稿したいと考えているのではないでしょうか。

テキスト投稿の人気の有無は、短い文章の中での表現力や発想力に左右されます。一方、画像はいかにクオリティを上げるかが、SNSで広く伝えていくのかが鍵です。自分はデザインセンスがないからな……と諦めていませんか? そんなとき活用したいのが、Adobe Spark。こちらはどんなプラットフォームにも対応したSNSの画像を作成できるシンプルなツールです。デザイン初心者でも、洗練されたグラフィックづくりにチャレンジしてみましょう。

今すぐSNS画像を無料作成

SNSのカバー画像やプロフィール画像の作り方

  1. SNSの種類に合ったサイズを選ぶ

    まずは、どのSNSに投稿する画像を作るのかを考えましょう。Instagramの写真は一般的に正方形ですが、Facebookの画像は投稿場所や枚数によって表示範囲が異なります。それぞれのSNSに最適な画像のサイズを把握し、それに合ったフォーマットを選択するのは重要です。写真やイラスト、図版などが中途半端に切り取られないよう、画像の縦横比にも注意しましょう。

  2. テーマを選ぶ

    Adobe Sparkのテンプレートをスクロールして、投稿にぴったりのテーマを見つけましょう。休日や季節のテーマだけでなく、その時の気分に合わせて選ぶこともできます。

  3. 画像を使ってパーソナライズ

    自分だけのユニークな画像を完成させるには、ご自身で撮影した写真(またはAdobe Sparkのストックフォトから選んだ好きな写真)をアップロードして、画像の背景に配置します。これにより、テンプレートに独自のタッチを加えることができます。

  4. フォントの選択

    画像のチョイスが終わったら、次はキャッチコピーです。テンプレートにメッセージを追加して、雰囲気にマッチした最適なフォントを選んでください。

  5. ダウンロード、共有、印刷

    Adobe Sparkは、作成したデータを簡単に共有できます。ダウンロードをクリックして完成したイメージを保存すれば、そのまま任意のSNSに画像をアップロードされるのです。

カスタマイズを続けよう

SNSのグラフィック・クリエーターに求められる力は、画像をいかに上手にカスタマイズできるかどうかです。Adobe Sparkのテンプレートを使えば、あらゆるシーンを調整し、オリジナリティのある優れた作品をつくることができます。そして、Adobe Sparkのリサイズツールを使えば、InstagramからFacebook、Twitter、Pinterestまで、あらゆるプラットフォームに適したデザインが完成します。テキストを移動させたりテキストボックスを追加したりすることで伝えたいメッセージを正しく伝えたり、雰囲気に合わせて配色を調整したりしてみましょう。また、メッセージの重要な部分を強調するために、図形やパターンを追加することもできます。

より多くの「いいね!」や「シェア」を集めるSNS画像

フォロワーにあなたのアカウントを印象づけ、メッセージを広く深く伝えていくためには、より魅力的なSNS画像を公開するのが効果的です。Adobe Sparkを使って自分だけのグラフィックを作成し、SNSデザインのエンゲージメントをさらに高めましょう。

SNSでは、フォロワーの役に立つような、あるいは楽しませるようなコンテンツを作成すればするほど、良いスパイラルの中でエンゲージメントが高まり、注目を集めることができます。Adobe Sparkで魅力的なテンプレートをチェックし、SNSで存在感を高めるためのイメージデザインを始めましょう。

Spark の機能

SNS用の画像テンプレートをもっと見る