Adobe Spark を使ってオリジナルのメニューを無料で作成

他にはないユニークなレストランメニューをすばやく作成。 デザインスキルは不要です

Learn more

Adobe Spark をプロフェッショナルなメニュー作成ツールとして活用すると、レストランのアイデンティティを確立することができます。 使いやすいデザインインターフェイスを使うと、カスタマーの心に響く美しいレストランメニューが作成できます。 Spark を使いこなすにはデザインスキルやプログラミングスキルは不要です。豊かな創造力があれば十分です。

スタイリッシュなフード&ドリンクメニューを作成

料理は見た目が重要と言いますが、メニューの第一印象も重要なのです。 Adobe Spark の無料メニュー作成ツールを使うと、レストランのブランドアイデンティティを反映するメニューを作成できます。 メニューのデザインはタイトルまたはヘッダーを選ぶことからスタートします。 次にデザイン画面に進み、この画面でレストランのメニューのデザインの素材を選ぶことができます。 Adobe Spark のメニュー作成ツールは作成プロセス全体をサポートしてくれるので、自分のコンピュータでプロ品質のメニューを作成できます。

今すぐオリジナルのメニューをデザイン

メニューを作成するには:

  1. サイズと形状を選択

    ページの一番上の「サイズ変更」をクリックし、メニューに最適なテキストが見つかるまで、サイズのリストをスクロールダウンしていろいろなサイズを試してみます。 レストランのメニューに最適なのは、「ポートレート」「正方形」と「長方形」です。
  2. テーマを選択

    ページの一番上の「テーマ」をクリックし、用意された無料のテーマのコレクションから気に入ったものを選びます。 選んだテーマを変更したい場合も問題はありません。色、テキストや画像をあとから追加できるオプションがあるからです。
  3. 画像をカスタマイズ

    料理やロゴの画像を使いたい場合、マウスを数回クリックするだけで画像を追加できます。 一番上のメニューから「背景」を選択し、「写真の置換」をクリックしお手持ちの画像を無料のメニュー作成ツールに追加します。
  4. フォントを選択

    テキストのフォント、サイズや色を正しく組み合わせ、読みやすくわかりやすいメニューを作成します。 一番上のメニューから「テキスト」をクリックするだけで、シンプルで使いやすいデザインインターフェイスを使ってテキストの入力や変更ができます。
  5. ダウンロード、共有または印刷

    納得のいくデザインのメニューができたら、デザインページの一番上にある「共有」をクリックします。 それからメニューをダウンロードまたはソーシャルメディアのプラットフォームで、お友達、カスタマーや仕事関係者に共有します。

オリジナルのメニューでレストランをアピール

多様な美しいデザインのメニューが Adobe Spark で作成できます。 デザインテンプレートを使う、または一からデザインを考えるのどちらの場合でも、同じエリアの他のレストランとはまったく違う個性あふれるメニューを作成できます。 中心となるコンテンツに異なるデザイン素材をプラスしていろいろ試してみます。 ちょっと変化をつけるだけでメニューの印象が変わるのがわかります。 納得のいく出来上がりになるまで、何度でも変更することができます。

レストランメニューの作成に Adobe Spark を利用する理由

プリンターまたは市販のソフトウェアパッケージを使ってメニューを作成するのは簡単かもしれませんが、出来上がりも一般的で、どこかでみたようなデザインになるでしょう。 Adobe Spark をレストランメニュー作成ツールとして活用すると、他とは一味違うメニューをカスタマーに見せることができます。 ブランドイメージ、装飾や料理のスタイルに調和するメニュー作りは、レストランの成功に欠かせない重要な要素です。 Adobe Spark を活用すると、カスタマーの心に響くメニューがデザインでき、他の競合レストランとの差別化が図れます。ビジネスの発展に効果をもたらします。 メニューは、そのレストランと提供される料理のすべてがカスタマーに伝わるものでなければなりません。 Adobe Spark を使ってイメージを刺激するメニューを作成することは、リピート客の獲得と、レストランの評判を口コミで伝えてもらう最初の重要なステップとなります。

Spark の機能

Spark を使って作成したレストランのメニューの一例: