画像を反転させる

画像反転ツールで、画像を上下左右に反転しましょう

Learn more

グラフィックデザインの制作現場では、伝えたいメッセージをよりわかりやすくするために、テキストとの相互作用を考えた画像が必要になるケースがあります。たとえば、画像反転ツールを使えば、レイアウトのバランスを整えるために画像をミラーリングすることも可能。Adobe Spark Postに画像をアップロードし、簡単な編集でより完璧な仕上がりを目指しましょう。

Adobe Sparkで画像を反転させる

Adobe Spark Postを使えば、画像のミラーリングが簡単にできます。ワークスペースに画像をアップロードし、「フリップ」ボタンをクリックすると、画像を水平または垂直に反転できます。最終的には画像を大切に保存・共有したり、画像を再編集したりするなど、納得できるまで作業を続けてみましょう。Adobe Spark Postを使って次の作品を編集する場合は、以下のクイックガイドに従ってください。

無料で画像を反転

画像を反転させる方法

  1. 画像をアップロード

    Adobe Spark Postのモバイルアプリを起動し、緑色の追加ボタン(+)ボタンをタップすれば、ライブラリから画像をアップロードしたり、新しいデザインを作成したりできます。さらに写真そのものをタップし、「調整」タブで画像を反転させることで、好みの位置に画像を配置できます。その上で、デスクトップから画像をアップロードし、「フリップ」オプションをタップして必要な編集を実施。写真データに文字が入っていると文字も反転されるので、二重にチェックしてみましょう。

  2. 追加で画像を編集する

    コンテンツをアップロードしたら、テキストやグラフィックを追加してアクセントにすることもできます。あるいは、「レイアウト」オプションを使って、複数の画像を使ったフォトコラージュを作ることも可能です。

  3. デザインの見直しと修正

    Adobe Spark Postはデザイン途中でもファイルを一時的に保存できるので、必要に応じて追加の変更ができます。また、アプリケーション上で編集中の画像ファイルを元バージョンに戻したり、画像を反転させることで新しいものを作ったりしてみましょう。

オンラインで写真を自在にカスタマイズしてみよう

Adobe Spark Postの画像反転ツールを使えば、画像やグラフィックを簡単に反転させることができます。反転後の写真イメージをミラーリングするのは面倒な作業のように聞こえますが、Adobe Spark Postを使えば思った以上に簡単に実行できるでしょう。Adobe Spark Postを使うことで、時間と労力は節約できるもの。編集のストレスを軽減し、友人や家族と画像を共有する時間を積極的に増やしてみませんか?