写真にフィルターを追加

Adobe Spark Postのフィルターで雰囲気のある画像を作る

Learn more

カメラの準備、構図の調整、ライティングの調整など、プロのフォトグラファーでも完璧な写真を撮り続けるのは簡単なことではありません。デジタル撮影がメインとなった昨今は、写真データを画像編集ソフトでレタッチし、フォトグラファー自ら最終仕上げを行うことが一般的です。Adobe Spark Postを使えば、グラフィックの知識がない人でも写真データを編集できるのです。なかでも、写真にフィルターを入れるだけの簡単な方法を解説します。

Adobe Spark Postで画像をもっと魅力的に

Adobe Spark Postを使った画像編集には、専門的なスキルが必要ありません。Spark Postのワークスペースに画像をアップロードして、フィルターをセレクトするか、「調整」で細かなパラメーターを変更し、画像を編集してみましょう。画像を保存・共有したり、作りかけの画像を再編集したりすることも可能です。Adobe Spark Postで次の作品を編集する場合は、以下のクイックガイドに沿って試してみてください。

今すぐ写真を加工

画像にフィルターやエフェクトを追加する方法

  1. 画像のアップロード

    Spark Postのモバイルアプリの場合は、緑色の(+)ボタンをクリックし、ライブラリからアップロードしたり新しいデザインを作成したりして、編集したい画像をセレクトします。写真をタップすると画像の編集画面が表示されるので、「強調」タブをタップして各種パラメーターを調整してみましょう。画像を明るくしたり、コントラストを加えたり、写真の暖かみを変えたりできます。次に、「Look」をタップしてフィルタを適用してみましょう。各フィルタのアイコンをタップすると、簡単に写真の色味を変えられます。デスクトップ版も、ほぼ同じ手順でフィルタを掛けてみましょう。

  2. 追加の編集を実施する

    アップロードした写真は、テキストやグラフィックを追加した画像に編集・保存できます。また、「レイアウト」オプションを使って、複数の画像をコラージュした画像を作ることも可能です。

  3. デザインの見直しと修正

    Adobe Spark Postはデザインをそのまま保存するので、特定の編集段階まで戻って追加の変更を加えることもできます。スライド式のスケールツールを使ってそれぞれの機能やイメージを理解し、クリエイティブなコンテンツ制作によって受け取り手にメッセージを伝えましょう。また、将来のニーズに合わせて、いつでも編集前の画像に戻すことが可能です。

オンラインでカスタマイズした写真を活用しよう

使い方は至ってシンプル。画像にエフェクトとフィルターを適用しよう