無料で手帳カバーを作成

手帳カバーテンプレートからオリジナルのカバーデザインを作成できます。

Learn more

Adobe Spark Postで自分だけの手帳カバーを作成

素敵な手帳カバーを開けばそれだけで一日が幸せに感じられます。Adobe Spark Postを使えば、自分だけのオーダーメイドデザインの手帳カバーを無料で簡単に作成できます。自分用のカバーデザインを作りたい人も、大切な人に自分がデザインした手帳カバーをプレゼントしたい人も、Spark Postのテンプレートからデザインをはじめればすぐにオリジナルの手帳カバーがデザインできます。使いやすい操作画面でデザインの編集も簡単にでき、作ったデザインはオンラインで共有もできます。今すぐSpark Postで素敵な手帳カバーをデザインしましょう!

今すぐ手帳カバーを作成

手帳カバーの作り方

  1. カバーに使えるデザインのインスピレーションを得る

    Sparkには何千ものプロ仕様の素敵なデザインテンプレートが用意されているので、何もない状態から作業を始めたりカバーデザインに使えるアイディアを探す必要はありません。色やテイスト、キーワード、雰囲気などで検索すれば、すぐに新鮮なアイディアが見つかります。好きなテンプレートが見つかったらタップかクリックするだけで簡単にデザイン作業を開始できます。

  2. カバーデザインにオリジナリティを加える

    デザインしたい手帳カバーのテンプレートを選んだ後は、オリジナリティを加えていきましょう。テキストやメッセージをデザインに追加してフォントを変更すればそれだけでオリジナルの手帳カバーにカスタマイズできます。お持ちの写真や画像をアップロードしてデザインに使うこともできますし、Sparkに豊富に用意されたプロ仕様のストックフォトや無料イラスト素材などを使えば本格的なデザインに仕上がります。じっくりと時間をかけて自分だけの手帳カバーデザインを作りましょう。プレミアムプランでは、ブランドロゴ、カラー、フォントの自動適用も可能です。

  3. アニメーションを加える

    デザインに動画やGIPHYのアニメーションステッカー、テキストアニメーションを加えれば動きのあるデザインを作成することができます。Sparkにはアニメーションの要素も豊富に用意されているので、デザインスキルや動画編集の技術はもちろん必要ありません。技術的なことはすべてSparkが代行するので、手帳カバーのデザインに集中することができます。また、共同作業者を追加して複数人で作業することもできます。

  4. リサイズしてコンテンツをさらに充実させる

    作成した手帳カバーデザインはSNSで共有することもできます。SNSはプラットフォームごとに画像サイズが違い、SNSにあわせてデザインのサイズを変更する必要がありますが、Sparkの自動マジカルリサイズ機能を使えば、どのSNSの画像サイズにも対応できるように簡単にサイズを変更できます。やり方は簡単です。プロジェクトを複製してリサイズをクリックし、変更したいSNSを選択するだけで、あとはAIが自動で処理します。あらゆるSNSに対応したコンテンツを瞬時に作成できます。

  5. 手帳カバーのデザインを保存して共有する

    手帳カバーのデザインが完成したら、公開ボタンを押しましょう!データでダウンロードして自宅や職場のプリンターで印刷できますし、印刷会社に依頼してプロ品質でカバーを印刷することもできます。デザインを複製してレイアウトを調整すれば、複数種類のデザインを作っても一貫性を保ったデザインを作成できます。Adobe Sparkはオンラインでデザインを保存しているので、作成した手帳カバーのデザインを再度編集したい場合もすぐに編集が可能です。

創造力を活かして素敵な手帳カバーをデザインしましょう!

創造力を味方につけてAdobe Sparkを活用すれば、枠にとらわれない発想でデザインができます。Spark Postを使えば、日記やメモを書くときに新鮮な気分にさせてくれるような魅力的な手帳カバーをデザインできます。Spark Postを使ってプロ仕様のブックカバーを作り、本を出版することもできます。日記やメモを動画にしたい場合は、Spark Videoを使えば作成した手帳カバーのデザインを写真スライドショーのイントロ映像として使うこともできます。Adobe Sparkを使えば、クリエイティブな機会が無限に広がり、デザイン作業がもっと楽しくなります!

手帳カバーのデザインはAdobe Sparkにお任せください!

Adobe Spark Postのパワーで創造力を磨きましょう。プロがデザインしたテンプレートから作業を始めれば、オリジナルの素敵な手帳カバーをゼロから作成できます。写真、画像、アイコン、ロゴ、イラスト、オリジナルフォントなど、豊富に用意されたグラフィック要素を使って、世界に一つだけの手帳カバーをデザインしましょう。デザインにテーマを設定して、複製やサイズ変更をすれば、複数種類のデザインでも一貫性を保つことができます。Adobe Spark Postを使えば、無料で簡単にデザインを作成、保存、共有することができ、共同作業や承認を得たりすることもできます。今すぐSpark Postで手帳カバーをデザインしましょう!