Adobe Spark で自分だけのフラッシュカードを無料作成

ユニークでカスタマイズされたフラッシュカードを数分で作成。 デザインのスキルは必要ありません。

Learn more

プレゼンテーションを予定するコンサルタントであれ、新しいボキャブラリーの暗記に苦労している学生であれ、フラッシュカードは作業を楽にします。 片面または両面に重要な情報を記載したこのシンプルなカードは、パブリックスピーキング用のカンペとして、またはあらゆる分野の学習用ツールとして使用できます。

速く簡単なフラッシュカード作成ツール

より長いプロジェクト用の Spark Page とともに、Spark Video、Spark Post を使用して、誰にでもプロの外観を持つ招待状、ポスター、あらゆるタイプのカードなどの短いプロジェクトを作成できます。 Spark Post は、ダッシュボードから広範なテーマ、テンプレート、フォント、画像を簡単にドラッグ&ドロップして使用できるので、オンラインでフラッシュカードをわずか数分で作成できます。

今すぐ独自のフラッシュカードをデザイン

オンラインでのフラッシュカードの作り方

  1. サイズと形状を選択

    Spark Post のカードテンプレートは、完成したカードのサイズ調整が可能です。 テンプレートのデフォルトの寸法を選択するか、[カスタム] オプションを選んで、プロジェクトの特定のニーズに合わせて寸法を設定します。

  2. テーマを選択

    [マイプロジェクト] 画面から [テーマ] を選択し、ドロップダウンメニューのオプションから選択します。 テーマには、レイアウトやカラーパレットオプション、フォントの選択やプロジェクトのカスタマイズ用のその他のツールが備わります。

  3. 画像を使ってパーソナライズ

    Spark Post のテーマには、デフォルトの背景画像が入っていますが、別の画像への交換、または無地カラーやパターンを背景に挿入することも可能です。 Adobe Spark のストックフォトギャラリーから、またはコンピュータから自分が撮った写真をアップロードします。

  4. 魅力的なテキストで説明

    テンプレート内に表示されるテキストボックスにフラッシュカードのテキストを入力します。 フォントのスタイル、カラー、サイズを変更するには、テキストをハイライトして、フォントメニューとカラーパレットから新しく選択するだけです。

  5. ダウンロード、共有、または印刷

    カードのデザインに満足したら、Post の [公開して共有] オプションをクリックして、プロジェクトギャラリーにデザインを保存します。 Spark の固有の URL でカードを共有または埋め込むか、印刷用にダウンロードします。

フラッシュカードを詳細にカスタマイズ

Adobe Spark のオンラインフラッシュカード作成ツールは、フラッシュカードを多彩にカスタマイズして、オンラインでの共有や印刷を可能にします。 カードは、プレゼンテーションやイベントの詳細など、より大きなストーリーを伝える専用の Spark Page に埋め込むことができます。 フラッシュカードを Spark Video、ポスター、またはパンフレットに追加して、情報を共有し、ブランドを宣伝することもできます。 すべてのプロジェクトは Spark に保存されるので、いつでも編集や Spark ツール間で移動させることが可能です。 誰でも市販の様々なフラッシュカードセットを購入できますが、タスク専用にカスタマイズされたフラッシュカードを作成する方が多くの場合より効果的です。 無料オンラインデザインツール Adobe Spark のトリオのひとつ、Adobe Spark Post を使えば、デザインの経験が全くない方でも、独自のフラッシュカードを迅速に作成できます。

簡単に無料でデザイン

学校、職場、その他あらゆる環境で、フラッシュカードは情報の保存に役立ちます。 Adobe Spark Post のフラッシュカード作成ツールは、デザイン経験がなくても、誰にでも簡単に無料でフラッシュカードを作成できます。

Spark の機能

豊富な Spark のフラッシュカードサンプル