動画に音楽をかんたん追加

動画にBGMを追加して、魅力的なビデオに仕上げよう

Learn more

動画などの動きのあるコンテンツがどんどん増えていますが、無音だったり話し声が少し入ったりしただけのビデオは少なくありません。音楽には、ストーリーテリングをより効果的に魅せる力があります。動画コンテンツの中身にあったBGMやサウンドトラックを選んで、ビデオファイルを完成させましょう。ぴったりの音楽を選択すれば、特定のシーンで伝えたい感情をより的確な雰囲気で演出できるはず。Adobe Spark Videoを使って、視聴者の記憶に残るような作品に仕上げてみます。

Adobe Spark Videoで動画に音楽を追加する

Adobe Spark Videoを使えば、簡単に動画に音楽を追加できるので、特別な編集スキルは必要ありません。ビデオクリップをアップロードし、タイムライン上でストーリーを作成しましょう。追加した音楽やBGMは、オーディオレベルの調整も自由自在。自作の曲はもちろん、Adobe Sparkが用意した豊富なライブラリ音源を活用することも可能です。

今すぐ動画に音楽を追加

Adobe Sparkで動画に音楽を追加する方法

  1. 動画をアップロードする

    スマホアプリでは、マイビデオ"ページから赤い(+)ボタンをタップして始めます。最初のフレームには別の(+)が表示されるので、これをタップ。するとタイムラインにコンテンツを挿入できるようになります。

  2. 音楽やBGMを選ぶ

    音楽を追加する準備ができたら、トップバーの「音楽」アイコンを選択。スマホやPCに入っている音源やiTunesライブラリから、ぴったりの音楽やBGMを選んでみましょう。ちょうどよい音源を持っていないなら、Adobe Sparkのストックセレクションの中からトラックを選ぶことも可能です。

  3. 追加編集をする

    動画の音楽編集に慣れてきたら、オプション機能を使って動画と音楽の組み合わせを試しながら遊んでみましょう。スピーカーアイコンを使ってオーディオレベルを調整したり、ビデオのストーリーにより合致したトラックへ切り替えたりすることもできます。

オンラインで動画をカスタマイズして、オリジナルにする

インパクトのある動画を作るコツは、そのシーンにぴったりとハマった音楽やBGMを選ぶこと。Adobe Spark Videoの直感的なインターフェースを使えば、完璧なメロディーを追加できるでしょう。また、音楽やBGMは別のものを当て込みながら何度でも編集できるので、自分のライブラリやSparkの選曲を活用してさまざまな曲のオプションを試せます。最終的な仕上がりに自信が持てたら、動画ファイルをダウンロードし、好きなチャンネルやプラットフォームでビデオを共有しましょう。

使い方は至ってシンプル。ビデオに音楽を追加しよう